INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

パワーストーンの「やってはいけないこと」(個人的意見)

「やってはいけない」というと、たとえば生活に支障をきたすくらい買い込んでしまうとか、のめり込みすぎ、依存しすぎとか、そういうのもあるかもしれませんが、そこらへんは常識の範囲内で……今回のネタは、石への接し方というか石と持ち主さんの関係について。

石についてはいろいろと「大丈夫?」「どうすれば?」という心配があるようで、よく「自分に合った石を選ぶには」「相性はいいか」「買ったらどうしたらいいか」「触られたけど大丈夫?」「ブレスレット(のゴム)が切れた!」「こんなこと(色が変わった、なくなった、なくなったと思ったら出てきた、願いがかなった、叶わなかった……etc)があった、身に着けても大丈夫か?」……と言う質問をみかけます。(パソコンなので「見る」です)

ズバリ言ってしまうと、なぜ、そんなにも心配しなくちゃいけないのか、さっぱりわかりません。

たった一つのことさえ忘れなければ、コトは簡単なのです。

忘れてはいけないこと。
それは、あなたは、楽しむために石を買ったということです。

まさか、「大丈夫?」「どうすれば?」と心配するために石を買う人はいないでしょう。
私みたいに、意味や効果関係なしに「石好きー!」と買う人も、願い事があって買う人も、わくわくしながら買ったはずではありませんか?

私は、石は、持ち主さんの代わりに何かをしてくれるものではないと思っているので「幸せになるために」とはいいませんが、石を買うのは、「楽しい」「いいことあるかも」「願いが叶えばいいな」……すべて「いい気持ち」のために買うんです。
だから「大丈夫?」「どうすれば?」というあれこれの質問は、
あなたが石を楽しめる方法が正解です。

「自分に合った石を選ぶには」
私だったら、興味をひかれた石、持って楽しめそうな石を自分で選びますが、お店で選んでもらう方が石を楽しめるなら、そう思う人には選んでもらう方が正解。

「相性はいいか」
はっきり言って、心配しなければならないほど相性が悪い石だったら、興味も持てなくて持とうという気にもなれないのでは。
店で作ってもらったけれど、相性は大丈夫か……という質問もありますが、仮にも石を扱い、客に勧めるところが、心配しなければならない組み合わせをするというのでしょうか。
「相性が悪い石なんてない」という答えがあちこちにあるのに、それでも心配なら調べて調べて心配じゃない組み合わせをすればいいでしょう。

「買ったらどうしたらいいか」
まず浄化……といいますが、個人的には「楽しもう!」です。
せっかく新しい石を買ったのに、心配してる暇があったら楽しみましょう。
買ってよかったー! きれい! 出会えたことの喜びを石に伝えてあげるのが第一じゃないでしょうか?
どんな浄化よりも、持ち主さんの喜びの方が効果があると思うのですが。

「触られたけど大丈夫?」
石はたいてい、採掘・(加工)・流通・小売りを経て私たちの手元にやってきます。
つまりたくさんの人の手を経て初めて、遠い異国の石が手元に来てくれるわけです。
なのに、どうして他人の手を心配する必要があります?
いつも一緒の持ち主さんを差し置いて、ちょっと触れただけの他人の影響を受け、持ち主さんに害を与えるとでも? 自分の石が、持ち主よりも他人に影響されてしまうようなものだと思いたいですか?

「ブレスレット(のゴム)が切れた!」
「こんなこと(色が変わった、なくなった、なくなったと思ったら出てきた、願いがかなった、叶わなかった……etc)があった、身に着けても大丈夫か?」


……これも、ずっと一緒だった石が、ちょっとした出来事で、危険なものに豹変するのでしょうか。
ゴムが切れたというので不安になる人がいますが、ゴムを通してブレスにしたのは人ですし、ゴムはいつかは切れる人工物なんですが。
着けたい気持ちと不安とをはかりにかけて、どちらかを選べばいいだけです。
これからも身に着けたいのなら、着ける。
不安なら着けない。
私の場合は悩む前に直しておしまい。不安などどこにも存在しません。

ここでタイトルの「やってはいけないこと」
それは、石を疑うことです。


この場合の「疑う」は石にパワーがあるかないか……とか、いろいろあれこれの説明のどれが本当か……など、パワーストーンの「説明」の真偽ではありません。

石に対してむやみやたらに「大丈夫?」と心配することです。

「大丈夫?」というのは、裏を返せば「大丈夫じゃなくて、自分に何か害があるかも?」ということ。
自分の石を、そういう危険物だとみなすことです。

よく「大丈夫?」というわりに大丈夫じゃなかったらどうなるか、考えてない人がいます。
それは石を疑ってることになりますよ?……と言うと、疑ってるとかじゃなくて~と聞いたので心配になっただけ、というのですが、十分疑ってますって。

なぜ、どうして、そうなるか。その結果どうなるのか。
それが自分に当てはまるのか。
それをよく検討もせず、うわべの情報だけで、自分の石を「実は良くないんじゃないの?」と思うことが、疑いでなくてなんなのか。

「大丈夫?」は楽しむために買ったものを、楽しくないものに変えてしまいます。
「大丈夫ですよ」と言われて安心したとしても、石ではなく他人の言葉を信じただけ。
あなたは自分が友達から一方的に「この人大丈夫?」と疑われ、見ず知らずの人の「大丈夫」という言葉で「良かった、いい人なのね」と思い直してもらったとして、その友人とこだわりなく今まで通りに付き合えるでしょうか。

石に対して相性は?
……というくらいなら、石は、疑われれば悲しい。逆に、石を持つことで持ち主さんが楽しい気持ちならうれしいでしょう。
うれしければ、それだけ力も発揮しやすくなると思いませんか?

石が持ち主さんのために頑張ってくれるなら、石が頑張りやすくしてあげるのは持ち主さんの役目。

だから、「大丈夫?」よりも「どうすれば石を楽しめる?」と考えましょう。
楽しめない石なら、持たない方がいい。

浄化して石を楽しめるなら、浄化しましょう。
石を楽しむために、楽しみながら浄化しましょう。

迷ったり疑ったりするなら、石を買う前に。
組み合わせが気になるなら、とことん気にして、「これで大丈夫!」というものを選びましょう。
あるいは「これで大丈夫」と思えるまでリメイクすればいいでしょう。

いろんな「~しない方がいい」という説明については、不安になる前に、いったいどういうことだと理由追及すべき。
「私の石は大丈夫?」は最後の最後の非常事態と思った方がいいと思います。

石にとっては持ち主さんはたった一人。
その人に疑われた石に、何ができるでしょうか。

「大丈夫?」は、実は、石を疑うだけでなく、石の力をそぎ落としているのかもしれないのです。


Comment

Secret

No title

Kuroさんこんにちは。ほんとそうですよね。あくまで一部で全部がそういうわけではないんでしょうけど、買う方も売るほうも飛び交う情報に流されすぎ。特にこの’浄化’どうのって言葉はパワーストーンブーム以前は聞かなかった気がするんですが・・・・汗や汚れが気になるなら、さっと汚れを拭くか、水洗いしても大丈夫なら、さっとゆすいで乾かして、それで十分だと思んですけどね・・・どの石も遡ってみると、この大地、地球の一部でそれを私達人間が資源と称して勝手に掘り返したり、削り取ってるものの一部、かけらなだけなんですけどね。石に触れると経験上確かに説明のつかない不思議なこともまれにあったりするので、100%あれもこれも否定したくはないんですが。石を愛するののは素敵なことだけど、考えすぎて一憂一喜するのだけは避けたいですよね。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム