INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

あたたかい輝き

フランスアルプス

フランスのアルプス水晶です。

アルプス水晶というと、スモーキーや氷のような透明水晶のイメージがあるんですが、これは、透明は透明であるけれど、鉄分らしき付着があって、ところどころ黄色~黄土色に色づいています。
そのせいか氷のような冷たい感じではなく、どことなくあたたかみがある輝き。

根元にくっついている茶色の四角い鉱物はシデライト(菱鉄鉱)でしょうか。

そういえば、今日、「マリアオーラ」なる石を見ました。
オーラという名称で想像がつくように、アクアオーラの新バージョンです。(前からあったのかもしれませんが私は初めて見ました)

お店の説明曰く、「アルプス水晶に24金を蒸着させたもの」
色合いは若干青みの強いラベンダーカラー。ビーズで見かける「マリアライト」の色……ゆえに「マリアオーラ」なんじゃないかと想像してしまいました。
(マリアライト=紫じゃないんだけどな……)

油断すると、透明度の高いラベンダーアメジストにも見えそうですが、ラベンダーアメジストがどちらかというとピンクっぽくなるのに対して、アメジストにしてはわずかに青みが強いこと、蒸着オーラものに特有の照りで見分けがつきます。
母岩付きの場合は、母岩の表面もわずかに色づき、蒸着の照りが見えます。ただし、蒸着処理をしてから割って大きさを調整しているものもあるらしく、母岩の側面(割った断面)には蒸着が見られないものがありました。

ところで、この名前はアルプス水晶に加工した者だけを指すのでしょうか?
それともラベンダーカラーの蒸着の名前?
ベースの水晶コミだったら、初めてのパターンです。

Comment

Secret

No title

やはり~パワーストーン関係でも 一番有名で
多用途での クリスタル 実に良いですね、
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム