INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

池袋戦利品(1) ヒントは温泉?

池袋真っ最中ですが、今日はさすがに自宅待機。
皆勤賞ではありません。

家でグータラしつつ、ちょこっと写真を撮りました。

戦利品登場第一弾は、おなじみ産地の意外な内包物。

パイライト入りアイスクリスタル

じゃん。

「また買ったのか!」と突っ込まれそうですが、アイスクリスタルです。

※しつこいようですが、個人的にはインド、マニカラン産のものをアイスクリスタルと呼びます。
 他の産地はよく似た溶け方をしてもアイスクリスタルとは呼ばないで、エッチドクォーツとか溶け水晶と呼びます。
 アイスクォーツとは呼びません。
 アイスクォーツは、産地に関係なく透明でみずみずしい「氷のような」水晶に対して使いたいです。


では、改めて……の前に、せっかく写真を撮ったのでもう一枚。

パイライト入りアイスクリスタル2

大きさは高さ4.5センチ……と小ぶりなようで、けっこう太さがある「太短い」ずっしり型。
意外に錐面のダメージは少ないですが、柱面には、溶けたへこみがかなり食い込んでいるし、先端部分のとんがりは溶け消えています。

表面の照りもかなりあります。
かつてのアイスクリスタルの多くは、全体的に鉄(鉄さび)がコーティングされて薄ピンクに見えている代わりに、すりガラス状で艶消しでした。
今回……というかIMAGE展と池袋でみかけたアイスクリスタルは、しっかり色づいているように見えるのに、照りがあって、内部が見える透明感があります。

ルーペで見ると、表面についた鉄(酸化鉄=天然鉄さび)の粒が大きいようで、そのために色がついて見えるけど透明感あり……ということになっているようです。

もともとこのアイスクリスタルは内包物が少ない水晶で、以前見つけた緑泥ファントム入りアイスクリスタルは、いまだに例外の域に入ります。


たくさん持っているのに、さらに手に取ってしまったこの石にも「例外」がありました。

パイライト入りアイスクリスタル3

くっきりきれいな結晶のパイライト入り。

面の形が五角形の十二面体の結晶が、けっこう表層近くに……かつ、ばっきりと内包されています。
写真に写したものが最大で直径2ミリ弱。
これ一つだけでなく、数えてみたら肉眼で見えるものだけで10粒ほどは内包されているようです。

緑泥も意外だったけど、パイライト入りも初めてです!

そういえば緑泥入りもパイライト入りも、箱にたくさん入れられている中から見つけました。
ひとつひとつ全部チェックして見つけたのではなく、たくさん入っている箱を覗き込んでひょいと見つけたのも共通しています。
(これを見つけたあと、チェックしましたが、他にはありませんでした……)

パイライト!

パイライト入りそのものはブラジル産でもパキスタン産でも見たことがあるし、持っているので、レアというほどでもないかもしれませんが、アイスクリスタルで出くわすとは。

意外だなあ~、と言っていて、思い当たりました。

アイスクリスタルの産地、マニカランは温泉地としても有名なのだそうです。
温泉ならば、硫黄があっても不思議じゃない。
もともとアイスクリスタルには鉄が絡んでいるんだから、鉄と硫黄でパイライト?

……とはいえ、アイスクリスタルに鉄が絡んだのは結晶した後(だから表面に鉄がコーティングされている)。
産地はマニカランになっていても、実際に水晶が取れるのはマニカランという街よりはずっと山の上の方だと言われているので、単純に鉄と硫黄……とは言えないですけど。
(ひょっとしたら最初のアイスクリスタルとは産地がずれて、もっと低地で採れてたりするかもしれない)

もしかして、今後パイライト入りでキラキラのアイスクリスタルが出てくるかも?

あ、この石にももちろん、トライゴーニックが出てます。
パイライト入りアイスクリスタル4






Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム