INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ピンク・マニカラン

ピンク・マニカラン

マニカラン産の鉄分でうっすらピンク水晶です。

私の場合、マニカランと言われて連想するのは、溶けてごつごつのアイスクリスタル。(アイスクォーツとは言わない)

でも、この産地、最近では……というかアイスクリスタルがひと段落ついてからはうっすらピンクや緑泥入りのなかなかきれいな水晶を見かけるようになりました。
これ等の水晶はかつてクルとかマナリ産と言われていたものと区別がつきません。

それどころか溶け水晶のアイスクリスタルがクル産として出ていたりするので、細かく言えばマニカラン、大雑把にいえばマニカランやパルバティ渓谷もクル産になってしまう……と言うところでしょう。

ふと考えてみると、インド・ヒマラヤ水晶の特徴の一つである、うっっすら鉄コーティングでピンク~オレンジっぽいきれいな水晶は、ずいぶん前に買ったこれ以外持ってない。
ほかは、面白い形や内包物のものばかり。

もう一つくらい欲しいな。

……ということで選んだのが今日の石。

ほどほどの大きさで、透明度が高いにもかかわらず、しっかり色がついているのがポイントです。
母岩というか、根元の、結晶がたくさん集まったあたりまでけっこう透明度があり、そこらへんが特に色づいているため、全体がかわいいピンクに見えます。

ついつい「変」に流れてしまうけど、こういうスタンダードもいいな。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム