FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

Vicolor

バイカラー1

この石の面白いところを写そうと、ちょっと変わった方向で写してみました。
このアメジストは、普通の結晶がちょうど縦割り半分になっています。
それをぺたんと寝かせて先端方向から撮りました。

手前が結晶の先端、画面上が柱面です。

ちょうど錐面(先端の斜めの面)と柱面(側面)の境目あたりが、やや黒っぽく縁どられたようになっているのがわかるでしょうか。

バイカラー4

向きを変えるとこの通り。
エッジの部分が降り取りのように色が濃くなり、柱面がくすんで黒っぽい色をしています。

実は……これ、緑がかっているようす。
紫から緑に変わりかけの色というか、内部にまだ紫が残っているというか、中途半端な発色のために黒っぽく見えているんです。
おそらく加熱すればもっときれいな緑になるんじゃないでしょうか。

なぜ、ふちどりみたいになっているのか。
柱面だけ色が変わっているのはどういうわけか。

それがわかるのが、一見欠点に見える縦割り半分の形。

裏返してみます。
バイカラー2

おや? 表面からやや下のところに境目があります。
わかりやすくラインを入れてみます。

バイカラー3

これは一種のファントム……、ベースとなる結晶の上にやや色の濃い層がかぶさっているようです。
この層の厚みの割合を見てみると、表側から見た「ふちどり」の幅と同じ……?

どうやら淡い結晶の上にわずかに色味の濃い層がかぶさっていることで、表から見ると不思議なふちどりに見えているようす。そしてその縁取り部分の下部(柱面)が緑に変色しかけている……つまり、途中からアメジストの成分が若干変わってしまったのでしょうか。

おもしろい!

アメジストを黄色や緑に変色させるのは熱だと言われています。(黄色と緑の色の差は、アメジストの発色の原因となっている鉄イオンの電荷の違いだそうです)

考えてみると、層の部分は同時期に成長したのでしょうから、錐面と柱面で成分が異なっているとは考えにくい……なのに、どうして色が違うんだろう。
もしかして根元の方から熱が伝わってきて、そのために柱面だけが変色したとか?
バイカラー5

でも、結晶はまっすぐに生えているものだけでなく、斜めだったり寝そべっていたりするものもあり、見たところ、そういうのも柱面だけ変色していたようなので、根元からじわじわ(天然に)加熱された……だけでは説明できないです。

最近こういうアメジストを何回か見かけるので、今度はクラスターを!

あ、最後に。
「Vicolor」とは、ポルトガル語で「バイカラー」のことだそうです。

あれ? だとするとAmethystじゃなくて Ametista?






Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム