INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

湖南の白

湖南の白

純白。

この一言で終わってしまいたい、今日の石。

中国は湖南省の真っ白水晶です。
いや、白いのは水晶だけじゃなくて、一緒に結晶しているカルサイトも同じように白いのです。

画面真ん中あたり、水晶が途切れている部分があります。その両端で板状に見えているのがカルサイト。
黒っぽくつぶつぶ散っているのがパイライトです。(写真には写し込めませんでしたがキラキラです)

買ったときのラベルは、水晶、パイライト、カルサイトと書かれていましたが、この石、それだけではありませんでした。
土台がフローライトだったのです。
先ほど目印にした、水晶が途切れている裂け目のような部分の中に見えているのが淡い緑色のフローライト。

おかげで水晶だと思って持つと、ずっしり重いです。

裏返してよく見ると、板状のカルサイトが、ちょっと砂漠の薔薇を思わせる感じに結晶しているところへ、その間を埋めるようにフローライトが入り込み、その上を水晶が覆っている感じです。
結晶の先端のとんがり部分(錐面)だけが群れたような水晶は、ほぼ不透明白……なのに面と面の合わせ目(エッジ)だけがちょっぴり透明感ありという面白さ。しかも表面はマットではなくてピカピカです。
そのため、単に真っ白不透明ではなくて、みぞれを思わせるひんやりふんわりした質感を持っています。

掌に乗る小さなクラスターですが、この季節に見ると存在感たっぷりの雪のよう。

産地名は、漢字で書けば「中国湖南省 郴州市 東坡」になるようです。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム