INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

オンタリオ・レッド

オンタリオ・レッド

手に入れたぞ、カナダのレッドアメジスト!
これまで見かけても高かったり色が淡かったり、なかなか縁がなかったのですが、昨年末の池袋でついに。
思いがけない値段&さらにおまけしていただき、感謝感激プライスで。

大きさは4~5センチ角ですが、山脈を思わせるとげとげの錐面と深い赤それに反して優しい紫色の対比が魅力。
今までは、赤の深みが足りなくて手を出しかねていましたが、この赤は良い!
(アメジスト部分を写すため、やや明るめに写っています)

言うまでもなく、アメジストの表面……表面近くにヘマタイトが含まれて赤く染まっているのが、レッドアメジスト。鉄さびコーティングと違って、中にしみこんでいるというか、単に表面に鉄がへばりついているのとは違います。

それにしても……(全体の色が)ちょっとピンクっぽい紫だとピンクアメジストと言われたりするし、加熱または放射線+加熱でグリーンに変色したのがグリーンアメジスト。
そして表面赤でレッドアメジスト。
色の付き、現れ方が異なるのに「○○アメジスト」と呼ばれてしまう……いいのか、これで。
かといってほかに呼び方があるかと言われたら、困ってしまいますが、文字のみのやりとりでは「こういうアメジストのことだよね?」と確認したほうがいいかもしれない……。

さて、レッドアメジストは、近年ブラジルでもかなり中まで赤くなったものが出ていますが、レッドアメジストと言えばこれまではこのカナダ産が有名でした。
……で、最近はこの石と同じ産地のシェブロンタイプのレッドアメジストがロシアンレムリアンを世に出したデイビットガイガー氏によって「オーラライト23」の名前が付けられて売られています。
小さいのを一つ買いましたが、石としてはやっぱりこっちのレッドアメジスト。シェブロンタイプなら、大きくてかっちりシェブロン模様で、トップががっつり赤いのを希望。もちろんレッドアメジスト扱いでOKです。

この石の産地がどこらへんなのか調べていたら、鉱山の様子らしき写真が出てきました。
こちらこちら
こちらなどは、ものすごい赤で、かなりの大きさ。
でもシェブロンタイプではないように見えるので、ちょっと違うところから採れるのかもしれない……。
赤くて大きいのもいいな。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム