INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ピンク・ブレス

ブレスレットだけれど、既製品でそのうちリメイク予定の素材なのでこちらで。

ピンク・ブレス

トルマリン入り水晶の連続登場で、どうしてトルマリン入りでピンクな水晶はないんだろう……と考えていて、そういえばこれがある!と思いだしたのがこれ。
思い出しては見たものの、よく考えたらトルマリン入り水晶ではなくピンクトルマリンとレピドライトが混じったもの。
「これがある」じゃないじゃないか。

やっぱり水晶の中にピンクトルマリンって少ないですねえ……。

さて、レピドライト&ピンクトルマリン。
何年か前から見かけてはいましたが、微妙に高くて手を出していなかったのが、セール価格で入手。
ピンクトルマリンといいながら、レピドライトの色のせいなのか、全体がグレーっぽくなってしまっているのが多い中、これだけピンクならば値段の割に優秀、優秀。

ピンクトルマリン単独ではない、混ざった色合い……人工的に作ったものにはない、まだら具合というか、あえて「ゆらぎ」といいたい粒ごとの表情が魅力です。
私が、岩石系など、混ぜ混ぜ石を好む理由が、この「ゆらぎ」。
全部の粒が同じ色合い、はっきりきれいな色で傷なし透明だったら、逆にガラスでもいいんじゃないか……むしろ、人の手では作れない(作れるかもしれないけどその方がコストがかかる)模様や混ざり具合が天然の魅力に思えるのです。

さて、何を合わせよう。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム