INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ホントにあるの?

Dominicana

ラリマーの丸玉です直径は二センチ弱と小ぶり。
揺らめく海面を思わせる一般的な模様とはちょっと毛色が違っています。

ずばり「一見ラリマーっぽくない」という理由で選びました。

でもこちらで書いたようなラリマーの構造を頭に入れてみていくと、ああ、やっぱりラリマーだとわかります。
ラリマーの基本構造である放射状もこもこが、ちょっと複雑にもこもこしていた部分のようです。

模様こそ、あの波模様ではありませんが、色合いもはっきりしているし、きれいで面白いじゃないか。

さて、このブログに「ラリマー 偽物」で検索して来られる人がいます。

私は、ラリマーという石は、きれいだと思うけど、水晶ほどには思い入れがないので、「偽物が多い」と聞いても半分「そうなんだ~」で流してしまっていたのですが、話半分に聞いていても、「本当に?」と疑問に思えてきました。

本当に、「偽物が多いんだって!」……それこそ「犬も歩けば偽物にあたる」みたいにラリマーを見たらまず偽物を疑わなければならないくらい、スリル満点なんでしょうか?
私にはどうもそうは思えません。

おっと、最初にラリマーの偽物とは何か……どういうものかをはっきりさせておきましょう。
「偽物」という言葉は実に大雑把で、ある人が考える偽物と別の人が考える偽物が同じレベルとは限りません。
もしかしたらAは「実は人工物というものだったら偽物」と考えていて、Bは「加工してあったら偽物だ!」と考えているかもしれない。
この場合、加工してある石はAha偽物と思わないけどBにとっては偽物になる。そんなズレが出てしまいます。

ご存じ、ラリマーはペクトライトという鉱物の中で銅を含んで美しい青になったもの。産地はドミニカです。
どうやらラリマーは鉱物名ではなくて、みため重視の宝石名みたいなもの。

なので、ラリマーの条件としては
◇ペクトライトであること(別の石だったら、そりゃあ堂々の偽物でしょう)
◇銅で青くなっていること(もちろん天然で)
みため重視の名前なので、いくらドミニカ産でもほとんど母岩で青く見えないものはラリマーと呼びたくない気分です。

で、逆に
◇染めてあっても元が青(色味が悪い)でペクトライトだったら、ラリマー(染め)
◇樹脂含浸、充填処理がしてあってもラリマーはラリマー
◇少々色が悪くても青系ならラリマー
……ということにします。
全く青くない別産地のペクトライトを染めていたら、ラリマーとは言えないけれど、色の悪いラリマーを染めているんだったら染めラリマーとしか言えないでしょう。
青と言ってもかなり緑がかっているものもありますが、そこはまあ……青緑くらいは許容範囲で。

ついでにこちらみたいなのは、「ラリマーの偽物として売られているんだってといわれても、ラリマーの偽物とは言えません。
だってラリマーとは違う青で似てないです
これくらいは店だって見分けるだろうし、買う側だって見分けましょう。
初心者だし~は理由にならないです。ちょっと検索すればラリマーの青がどんなものかわかるはず。


ということになると、ラリマーの偽物は危険なほどに多いのか。
私はかなり疑問です。

ラリマーの染めのうわさは聞いたことがありますが、その噂は「ラリマーの染め」でした。
じゃあ、全く青くないペクトライト(普通は白)を染めたら、あっという間にラリマーになるのかどうか。
ペクトライトは細い繊維状の結晶がたくさん集まった構造のようですから、染料がしみ込むと考えられます。つまり染められる鉱物だろうということです。
でも染められるからといっても、染めであの青と白から成る模様ができるかどうか。
染料だまりができたり、一様に青く染まって模様が出なかったり、微妙な青が再現できなくて結局似てない偽物になるんじゃないでしょうか。

もし、ドミニカ以外でラリマー級の青いペクトライトが出ていたら、「こんな産地でも出た!」と鉱物分野で話題になってるでしょうし、天然で青いペクトライトなら、ラリマーと呼んでもいいかも。
パライバトルマリンと同じで、偽物本物というより、どう呼ぶかの問題になります。

ビーズでは、よく、ヘミモルファイトや染めのアラゴナイトの偽物がある……と言われてきましたが、考えてみるとこれが不自然です。
というのも、ヘミモルファイトのビーズがそもそもない。ヘミモルファイトと表示されていても、聞くと「カルサイトの染め」と言われます。カルサイトはアラゴナイトと結晶系が違う兄弟石ですから、カルサイトの染めとアラゴナイトの染めはよく似たことになりますが、そもそもラリマー(ペクトライト)とは構造が違うので、染めてもやはり違うのです。
つまりヘミモルファイトビーズの方がレアなので、わざわざラリマーとして売らなくてもいいでしょう。

ヘミモルファイト表示の染めカルサイトビーズを見ましたが、白にラリマーっぽい色が混じっていたものの、単に「白にふんわり水色にじみ」または「白にちょろっと水色マーブル」で、ラリマーっぽい模様は皆無。
似ているのは白と水色という色あわせだけ。

一粒二粒を単独で見せられたら、判断に困るのも中にはあるかもしれないけれど、連や複数のブレスレットを見て、ラリマーっぽい模様のものが一つもないというのはありえません。
ラリマーっぽい模様が見えないラリマーは、たとえば最近出てきたアイスラリマーとか……これは、透明感があるのでカルサイトと違って見えます。
質が悪いために模様が見えないものは、そもそも灰色がかっていたり茶色の母岩が混じっていたりで、これまた染めカルサイトとは似てないです。

実はアラゴナイトには、発色原因も銅、結晶の構造もラリマーそっくり、ゆえに見た目には判別困難なものがあるにはあります……がどうやらこっちの方がレア。
ラリマーの偽物としてビーズにするほど多くなく、ラリマーと偽るよりアラゴナイトして売った方が高値が付きそうなものなのです。
追記:最近、このそっくりアラゴナイトが出回りつつあるとか……。実物を見ましたが、わかっていてみればわずかな違いと手触り・重さなどに差があるとわかりますが、知らずに見たら気が付きません。


……ということで、偽物候補の方がレアじゃないかという逆転現象が起きているような気がします。
私もヘミモルファイトのビーズやそっくりアラゴナイトがあるならそっちが欲しい。

本当にラリマーの偽物、多いんでしょうか?


……あ、最後に。
「ボイドマーク」で検索して来られる方がいらっしゃいますが、当サイトは「VOID MARK」または「虚空座標」表記で「ボイドマーク」表記はほとんど用いていません。
ボイドマークで検索するとかなりヒット数が少なくなるので、「VOID MARK」または「虚空座標」をおすすめします。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム