INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ピンクの影の緑

ピンクファイアーマクロ2

何じゃろかと思われそうな写真ですが……。

ピンクファイアー・クォーツの超アップ。
カメラを構える手がプルプルするのを懸命にこらえながら撮りました。
中央やや上よりの金属片のような白いものは、この石が元は骸晶系の石であることを物語る、結晶の隙間です。

ピンクファイアールース

ご存じピンクファイアー・クォーツと言えば、メタリックなマゼンタ(ピンク紫)のラメがきらめく石。
インクルージョンでこれほど強烈に輝くものは今までになく、この色合いも前例がありません(たぶん)。
初期は、ルースしか出回らなかったために人工石ではないかと言われたほど。

後に原石も見かけるようになり、この印象的な内包物はコベリン(コーベライト/銅藍)だという説が出ました。

今も検索するとコーベライト・イン・クォーツという情報が出てくるんですが、この石をX線解析した人から直接お聞きした話では銅も硫黄も検出されなかったので、コベリンではない(コベリンは銅と硫黄の鉱物)とのことでした。(くわしくはこちら
かわりに検出されたのは……鉄。

私が持っている情報はここまで。

その後、他でも分析されたのかコベリンではない、鑑別結果ヘマタイトという説が出ました。

水晶の中で鉄というなら、ヘマタイトはありえる、内包されていても不思議ではない鉱物ですけれど……。
本当に、ヘマタイトなんだろうか?

鑑別結果という専門家意見が出ているのに、疑問を呈する理由はひとつ。
「ヘマタイトってこんな色になってこんなに光を反射するんだろうか?」

今回、ピンクファイアーのラメ部分、特に大粒なあたりを腕プルプルで撮影してみて、さらに疑問が増えました。
最初の写真にも写っていますが、こっちの方がわかるかな。

ピンクファイアーマクロ

緑。

おなじみ、マゼンタのラメと一緒に緑の内包物が写っています。
内包物が2種類あるわけではありません。

どうも光を反射するとマゼンタ、透けると緑になっているようす。

たとえば内包物としておなじみのレピドクロサイトやゲーサイトといえば赤。(オレンジ~赤~茶色)

レピドクロサイトマクロ

これらは、ピンクファイアーほどはキラキラしないし、透けても赤。

レピドクロサイトやゲーサイトではなくてヘマタイト……と思われるものも赤・透けても赤。
インド・ヘマタイト
※内部のうろこ状の赤い部分

やや分厚くなればおなじみのメタリック黒になります。


水晶以外でヘマタイトというと……
アイオライトのヘマタイト入り。
ブラッドショットアイオライトマクロ
こっちは赤でもマゼンタでもなくレインボー。

サンストーンもレインボー
サンストーンマクロ

これも不思議ではありますが、鉄の被膜(いわゆる天然アクアオーラ)が虹色になったりするので、何となくそれもありかという気になります。

しかし、これらの虹色ヘマタイトもピンクファイアーほどにはキラキラしません。

なぜ、ピンクファイアーだけがこれほど強烈に輝くか。
どうしてこんな色になるのか。
ヘマタイトだというならば、ピンクファイアーだけがこうも違う理由が知りたい。




Comment

Secret

はじめまして!

はじめまして、babaと申します。
ピンクファイアについて、調べておりましたら、こちらにたどり着きました。
ピンクファイアの内包物にとても興味があります。

私もヘマタイトではない気がするんですけど、どうなんでしょう?

ヘマタイトって光輝は凄いですけど、ピンクに反射!ってのは見たことがないですよね(確かに条痕は赤のようですけど…

長文失礼しました。

Re: はじめまして!

コメントありがとうございます。

私も「ヘマタイト? ホントに?」の世界。
これ以外ではヘマタイトをマゼンタピンクで見ませんものね……。

X線解析した人の話では、X線解析では軽い元素は検出できないとのことなので、「ヘマタイト+α」またはヘマタイトじゃない鉄系の鉱物の可能性もあるんじゃないかな……と。

鑑別結果ヘマタイトの詳しい内容を聞いてみたい気もします。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム