FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ミスティック・グレイ

パキ・グレイ

昨年末の池袋ショー戦利品です。(今頃、まだある……)
大きさ7センチほど、お値段かわいく数百円。
おそらく傍目から見ればそのお値段なりの「きれいじゃない石」。
でも、私はそこが気に入って選びました。

透明じゃなくて、何か灰色の濁りが内包されていて、おまけに表面は泥のようなものに部分的に覆われています。
そんな石に目をとめ、会場の照明にかざし、あちこちひねくりまわすことしばし。

ちょっとダメージはあるけど、形はなかなかいいぞ。

灰色のは泥か何か? ちょっと繊維状にも見える。

この表面の泥(?)は、硬いものでつつけば取れるかも。

透明ピカピカももちろんきれいだけど、この石のように光は通しても向こうは見えない半透明で、部分的に不透明な石は、なかなか写真写りがいいことが多いのです。

家に帰って最初のもくろみ通り、とがったものでつついてクリーニング。
表面を覆う泥のような皮膜は思ったよりも硬く、ぺりぺりはがれるところもあれば、頑固にくっついているところもあります。
取れないところはそのままにしましたが、これも表情になっているようです。

黒い背景を前に慎重に光を当てて、角度を調整すると……。
ほら、7センチサイズなのに、この堂々たる姿。

角度を変えると……。

パキ・グレイ2

全体がちょっとかすんだような、水墨画風の色合い。
最初に見つけた繊維っぽい感じが見えるでしょうか?

荒々しい一面と、かすんだように柔らかい一面と。
石の新しい表情を見つける、それも石の楽しみ方の一つです。

Comment

Secret

No title

これもまた心惹かれる一品ですねぇ。そして安心したのが「尖ったものでつついてクリーニング」よかったー。こんなことするの邪道かと思ってました;つい結晶部分を綺麗に見たくて歯ブラシや針でつついてとってしまいます(時には雲母までも;)
そしてオーロベルディなんですが、よく似た石を持っています。でも、メタモルフォーゼスが元であれば、まったくの透明ではないですよね?色はとても似ていますがすっきり透明感があります。シトリンだとは私も思っていませんが「黄水晶」と名のついたブッカキ水晶。うーん、どういう着色なのか気になります;

No title

こたつさん

セルフ・クリーニング、ありですよ!
私の周りの石仲間では、シュウ酸につけて付着物を落としてしまう人もいます。

オーロベルディですが、今回紹介したのはちょっと半透明ですが、完全に透明になるのもあります。(透明な方が多いかも)。
レモン・クォーツだと、スモーキーを加熱したものも、その名前で呼ばれることがありますね~。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム