INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

白き天河

マイクロクリン

長石です。
もうちょっと詳しく言うとマイクロクリン/微斜長石といいます。

長石については、以前にこちらこちらこちらこちらで「わからなーい!」も含めて長々と書いたので、詳しくはリンク先を見ていただくとして、今回は簡単に。

長石というのはグループ名で、成分や構造(結晶系)が違ういろんな種類の長石をまとめて呼ぶ名前です。
しかも、天然石はこれはこの種類!こっちはこれ!とずばっとはっきり分けられるものではなくて、いろいろ混ざったり判別しにくい中間種がいっぱいある、そういうものが多いのです。

そのうえ、長石にはきれいで磨くと宝石になるものもあり、そういうものには「長石の種類」と「見た目」を条件として宝石名が付けられていたりします。
ムーンストーンがそうです。

ムーンストーンは長石の中のカリ長石という種類で、丸く磨くと白~青の月光のような輝きが浮かぶものにつけられた宝石名。
「長石の種類」「見た目」が条件なので、たとえば見た目がむちゃくちゃ似ていてもカリ長石ではない長石のペリステライトやラブラドライト(レインボームーンストーン)は厳密にはムーンストーンと言えません。
(※これについてははっきりムーンストーンではないとするところと、そこまで厳密に言わなくても……という意見があったりもします)

長石としてはカリ長石でも、磨いて月光のような輝きが出ないのならムーンストーンとは呼べません。

月光のような輝きが出る、出ないどちらかはっきりしていればまだしも、部分的に輝きが出る、うっすら出るという場合はどうするか、ややこしい問題もあります。
宝石なら、きれいでなかったらお呼びでないので、宝石のムーンストーンはカリ長石の中からきれいな部分だけを取り出してみがくため、ムーンストーンと言えば月光のような輝きを持つ石。
でもパワーストーン(天然石ビーズ)となると、宝石としては使わないような部分まで磨いてしまうので、お世辞にも「月光のような」とは言えないものも、大雑把にムーンストーンと呼ばれたりしています。

売る側からしてみれば、名前がついていた方が売りやすくて嬉しいというのはわかるんですが、あまりにも見た目が違う場合は、ちょっとは考えてほしいと思います。

そう……ちょっとは考えてよー。
と、ぼやきたい。そんな石が今日の石……マイクロクリン。

実はこの石、最近ビーズで見かけます。
が、マイクロクリン(あるいはマイクロクライン)の名前ではありませんでした。

曰くアマゾナイト。
ホワイトアマゾナイトの名前もありましたが……。

ちょっと順番が前後しましたが、マイクロクリンの位置づけはこちら

ラブラドライトとは違う長石のグループにあたるアルカリ長石グループ……ムーンストーンが属するカリ長石の
一種です。

このマイクロクリンという石の中で微量の鉛によって水色~青緑に発色しているものがアマゾナイト。
※まれにクロムで緑になっているものもあるようです。

アマゾナイト


マイクロクリンの一部がアマゾナイトという関係です。

なのに、緑ではないものをアマゾナイトと呼んでいいものか?

アマゾナイトと同じ種類の長石じゃないか。
アマゾナイトの方が有名だし。
商品名(流通名)だからいいじゃない。

……とか言われそうですが、私は反対です。

薄い緑でこれはアマゾナイトと言える色かどうか……という微妙な話ならいざ知らず、全然まったく緑じゃない、白いものまでアマゾナイトと呼ぶ理由がどこにある。

アメジストは水晶の中で紫色のもの。水晶の一部がアメジスト。
このアメジストがいくら有名だからといって、透明や白濁白のものを「ホワイトアメジスト」といって売ったら変でしょう。
それと同じです。

ヘミモルファイトにしても、純粋なものは透明なのに、銅で青い方が有名になってしまい、透明な方が「ホワイトヘミモルファイト」と呼ばれたり、白黒縞模様の瑪瑙がオニキス、それの赤バージョンがサードオニキス(赤縞瑪瑙)なのに、サードオニキスの方が有名(?)になったためか、白黒縞瑪瑙がブラックサードオニキスと呼ばれたり、名前の逆転現象がちょくちょく起こっているのが気になります。

細かいことと言われるかもしれませんが、「○○の一部が××」というのは、理由があって分けられているのですから、それをごちゃごちゃにしてしまうのは混乱のもと。
安易な流通名・商品名は困ります。




Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム