INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

3Dファーデン

3d-ファーデン

ファーデンです。
良く見かける平版状で真ん中にファーデンラインと呼ばれるラインが入っているタイプではありませんが、ラインを芯としてそこから結晶が成長しているようなので、ファーデンと見てもいいと思っています。
(※ファーデンばかりが入った箱の中にありましたし)

そう。
ファーデンは、「ファーデンとは糸という意味で、水晶の中に白い糸のラインが入っている」などと説明されていますが、水晶の中に痕からラインが入ったのではなくて、ラインの部分から結晶が成長したと考えるのが妥当であるように思われます。

以前は「一度割れたのが修復された痕跡」なんて説明もありましたが、「どう考えたってこの方向には割れないだろう」といいたくなるファーデン(↓細い結晶に盾にラインが入っている。割れるとしたらぽきっと横に折れる方が自然です)や、
ファーデン例
厚みのある結晶の真ん中にラインが入っているもの(↓左写真は矢印の先がライン。右は結晶を断面方向から見たもの)
ファーデン例2 ファーデン例3
がありますし、この(↓)ファーデンを見れば、ラインから結晶が成長している感じがよくわかります。


というわけで、私は「ファーデンとは、ライン上の「芯」から結晶が成長したもの」と考えているので、ラインがはっきり見えなくてもこれはファーデンだと分類するわけです。

ライン(芯)からあっち向きこっち向き立体的に結晶が成長しているので、いっそ「3Dファーデン」と呼んじゃおうか。

ファーデンとは糸の意味だけれど、実際は「芯」だ。
これを強調しておきたいのは、検索するとどう見たって角閃石入り水晶なものがファーデンと呼ばれている例を見てしまったから。

「ファーデンの丸玉」ってなんですか、ソレ。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム