INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ルビー・シルバー

意外に古い石。
当時は産地が重要だとは思ってなくて、産地を聞いてなかったのが今となっては痛い。

プルースタイト

淡紅銀鉱……プルースタイトです。(たぶん)
中央で深い赤に透けているのがそれ。

銀と砒素と硫黄の鉱物だそうで、砒素がアンチモニーという鉱物になると濃紅銀鉱(Pyrargyrite/ピラージライト、パイラルガイライト、パラージライト)という鉱物になります。
両者は見た目よく似ていて、違いは名前に「淡」「濃」とあるような色の明るさの差とか。

最初に淡紅鉱物に「たぶん」とくっつけたのはそれ。
何が何だかわかってなくて(今でもわかってないけど)、表面に金属光沢があるようなのに深い赤いに透ける様子に惹かれて買った石で、当時のメモにお店の人に教えてもらって書き留めた「淡紅銀鉱物」という名前だけがこの石の根拠。
濃紅銀鉱より淡紅銀鉱物の方が少ないという説明も見かけましたし、淡と濃を取り違えていたとしても不思議じゃないです。

ということで今回はあくまで「たぶん」ということで。

プルースタイト2

それにしても、この赤!
すてきだわー。
どちらの名前にも入っているように美しい赤が特徴でルビー・シルバーとも呼ばれます。

ただし……光などで劣化すると聞いているので、買って以来厳重に箱入り娘しています。





Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム