FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

光の蕾

連続溶け水晶で失礼します。

蕾1

やはり、ブラジル産です。
大きさは4センチほど。
溶け水晶は、おそらく世界各地で少しずつ産出するのだと思いますが、産出量がわずかで流通ルートが確立していないところは、「見た目きれいじゃない」と最初にはねられたり、店の仕入れの段階ではねられたりしてしまい、ブラジルのように大量に産出し、大量に出回るところ、ヒマラヤ水晶のように産地そのものがブランド的扱いを受けているところのものが、結果として目に付くところに出てくるのではないでしょうか。

今日の水晶も、実は「トライゴーニック」。
 や 逆三角2
のように、わかりやすく逆三角形が現れる段階よりも、ちょっとよけいに溶けてしまっています。

その結果、逆三角形の下の頂点だけが深く残り、まずで透明な花びらがいくつも重なる蕾のような表情になりました。

溶けたくぼみに泥が入り込んで色づいているけれど、溶けているために形はがたぼこしているけれど、それでもなお透明できらめくこの石は、私にはとても美しく見えます。
「そうよ、この石はきれいなの!」と力説すべく撮ったのが、上の写真。
いかがでしょう。

そしてこの石にはもう一つ魅力が。

蕾2

内部に、かなり大きく虹が出ます。
その色合いは溶けてぼこぼこした表面を通してなお、はっきりわかる鮮やかさ。
見つけるつもりがなくても見えるので、ふと見た拍子にびっくりすることがあります。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム