INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

新宿戦利品。虫歯・発展系

いっそ、「これな~んだ」にしたい。

ヘビー・虫歯

そうは見えないかもしれないけれど、インドのアメジストです。
よーく見ると、真ん中あたりにささやかに紫色が見えています。全体が茶色に見えるのは、ゲーサイトのせいでしょう。

そして、やっぱりそうは見えないかもしれないけれど、虫歯アメジストです。
そう、水晶としてとんがるべき部分がくぼんだ「虫歯型」。


すでにいくつも持っているので、今回は大型のものを見かけて「おお!」と思ったものの我慢してたんですが、小さいこれを見つけて買ってしまいました。

一体どこが虫歯? と思われるかもしれませんが、これは虫歯発展系。
折りたたんだ薄い紙を束ねて作る花飾りがありますよね?

この石、そんな感じになっているんです。
紙の縁が茶色くなっている……と思ってもらえれば、様子が想像しやすいかもしれません。
花飾りと同じように縁の部分はグニャグニャとフリルのようになり、その間はかなり凹んでいます。
写真では立体感が出ないのですが、500円玉より一回り大きい程度、盛り上がりもさほど顕著ではないのに、「虫歯」の深さはかなりのもの。

今回も虫歯アメジストをいくつか持参して、お店の人に見てもらったのですが、虫歯シリーズでも「これは成長干渉じゃないか?(何か別の鉱物が刺さっていたのかも)」「こっちは触像っぽい」と意見が分かれました。
今回買った発展系バージョンを見せたとしたら、多分「触像」といわれそうです。

しかし、私はちょっと疑問。
溶け水晶はいろいろ見てきたけれど、アイスクリスタルのようにとんがり部分が平らになる程度に溶けたものはあっても、ここまで深く溶けるものはほかにはない。
水晶が角(エッジ)の部分から成長しやすく、溶けやすいのは想像がつくけれど、虫歯な感じ……さらにこんな花飾り風に溶ける仕組みが想像できない。

いや、少々は溶けているかもしれないけれど、その基本は骸晶だったのではあるまいか。(骸晶でとんがり部分を形成せずに成長する仕組みも想像つかないけど)

こんなに面白く不思議な結晶なのに、話題にならないのはどうしてだろう?

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム