INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

砂時計紫水晶覚書

実はもう一つ持ってる砂時計。
アワーグラス2

昨年買ったもの昨日登場したものに似ていますが、別の石です。いちおう。
パソコンの隣に3つ並べて確認しながら載せたので、間違いないはずです。

改めて……モロッコ産ぺったり寝そべりDTアメジスト……別名・砂時計アメジスト。
そろいもそろって寝そべりDTで、裏面は割れたようすではなくざらりとして比較的平ら。
想像するに、脆くて柔らかい母岩に結晶したのではないかと思います。

このアメジストについて覚書。
最初に買ったのはこれ


2006年の新宿ショーにお目見えしたアメジストで、
「Sahara Desert, Algeria」のラベルが付いてきました。
聞いたところでは隕石を探していて見つけたとか、サハラ砂漠で水晶が見つかったのは初めてとか。

こちらにその時のショーの写真が紹介されていて、ページ下の方に、今回と同じようなDTで砂時計なアメジストが出ています。
扱っていた業者の名前からするに、私が買ったのと同じところです。
最初のアメジストを買ったときはDTが目に入らなかったのですが、すでにこのタイプが産出していたことになります。

こちらのサイト(海外)によると、2009年のサン・マリーショーがお目見えとなってますが、東京の方がはやいぞ!

ただし、産地が追及された結果、最終的にモロッコの Bou Oudi, Province de Tata,が産地であるとわかったとのこと。
さらには、5×20メーターくらいの限られた範囲で見つかったと書かれています。

……ということは、最初はアルジェリアと思われていたのが、実はモロッコだったということでしょうか。
この手の「限られた範囲で少しだけ採れた」という情報は、たいてい「最初はそうだったけど、あとで傍からもっと採れた」であることが多いので、やや割り引いて考える必要があるかもしれません。
2009年がお目見えといいつつ、私が買ったのは2006年だったりするわけですから。
それに、けっこうたくさん見かけたりもするので、範囲はもうちょっと広いような気がします。

さらに拾い読むと、やはり母岩は柔らかい泥岩であるようす。
結晶は3~4センチくらいで、全体の5パーセントくらいが、DTだとのこと。

アメジストは、先端が色づくことが多いので、DTになれば、両端が色づくことになりますが、DTのものがすべてこのように砂時計状になるわけではありません。

Dtあめ3 Dtあめ2

Dtあめ1

こんな感じ。

試しに産地とされた場所を地図に落としてみました。

もろっこまっぷ2

なるほど、アルジェリアに近いと言えば近い。
そのせいで最初はアルジェリア産とされたのか、実は産地がアルジェリアまで伸びているのか。
今後も気にしておくことにしましょう。




Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム