INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

あれ?……左?

ありがたき頂き物。

左巻き

インドの巻貝の化石です。
巻貝が瑪瑙化してます。
ちょっと前にマディヤプラデッシュ州産の中が水晶のドゥルージーになった巻貝化石が話題になってましたが、それと同じものじゃないでしょうか。

この貝は、瑪瑙化しているけれど、内部はドゥルージーと言えるほどつくつくしてない様子。

この化石があることは知っていたんですけど、中が全部詰まってるものばかりと思い込んでいたのですが、中にはこのように中が詰まってないのも混じっていたのだそうです。

産地がマディヤプラデッシュ州だとすれば、インドの真ん中あたり、内陸の州です。
一億年前とか1000万年前などの説明を見かけましたが……1000年前だったら、インドはすでにユーラシアにぶつかってるはずだから、もうちょっと古いかも?
いや、インドがユーラシアにぶつかる際、それに伴ってテチス海がなくなって……海底の堆積物の一部がヒマラヤになったので、ヒマラヤからはアンモナイトが出る。……インドの中央部のマディヤプラデッシュのあたりも海だったんだろうか?

いろいろ調べてみるもなかなかヒットせず。
こちら(海外サイト)が産地の様子を少し紹介しているようです。

ところで、ちょっと気になることが……。
それは、この貝の巻き方。

巻貝というのは、とんがった部分を上にして、貝殻の口の部分が右にくれば右巻き、左にくれば左巻きなんだそうです。
で、右巻きが圧倒的に多いらしい。

……これ、左巻きですよねえ?

いただいたときに見た貝も、中身ぎっしりのものも、左巻きばかりだったような……気がするんですが。
そういう種類なのか、この時代は左巻きがメインだったのか。

巻貝化石オーナー様、あなたの貝はどちら巻?

Comment

Secret

No title

早速のUP嬉しいなぁ。
KUROさんが撮ると、石の表情が生き生きするよね。
さて、遅くなってしまいましたが、お察しの通り、産地は
NARMADA MADHYA PRADESH INDIA
PRADESHとするところとP“L”ADESHとのラベルと両方あるんだけど、正確なのどっちなんだろう?

同じタイプの巻貝を2つ、私持っているけど、どっちも左巻き。
そういう種なんだろうねー
10パーセントぐらいらしいよね、左巻きの貝になる種って。

因みに、もうひとつの方は、BENTUL産ってなっているんだけど、ほぼ同じ産地なんだろうね(もしくは貝の種名?)

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム