INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ソラリスの陽のもとに

ソラリス

えー、表面が、おそらくは酸化鉄系のものにコーティングされて虹色の被膜になっている水晶です。
要するに「天然アクアオーラ」。
写真では一つの面の虹しか写っていませんが、実際はすべての面……黄色くなっているところ全体が虹色被膜になっていてきれいです。

これは、被膜の厚みが虹が出るのにちょうどいい厚みになっているからだと考えられるので、まさしく絶妙のバランスで虹に包まれた水晶というわけ。

最近「ソラリス・クォーツ」の名前で売られているのを見かけます。
産地はアメリカ、アーカンソー州とのこと。
アーカンソー産では以前から黄色い天然コーティングのものが出ていて「ゴールデンヒーラー」の名前で知られていますが、これは黄色いだけでなく華やかな虹が出るので、別の名前が付いたようす。

しかし、なぜ「ソラリス」なのかという説明を見かけないので、私の周りでは、
「(国内の)店が勝手に付けたんじゃないか?」
「ソラリスと言ったら(映画やSF小説の)ソラリスだよねえ?」
※ソラリスはポーランドのSF作家スタニスラフ・レムのベストセラー長篇。邦題は「ソラリスの日のもとに」
などと言われてました。

海外では言われてないの?……と思って検索してみると、やはりというかなんというかネーミング元はやはりアメリカ。

こちらのサイト(海外)では、産地はアーカンソーのアイダ(Ida)山としています。
しかも、名前を決めるにあたって、ネーミング案を募集したとか。
これは新しい。
パワーストーン的説明では……まあ、太陽のパワーがどうとか、アステカとエジプト人がどうとか。
興味がないのでここら辺は流し読みですが、アステカとエジプトは覚えといてください。

こちらのサイト(海外)では産地がthe Collier Creek Mine in Montgomery County, Arkansasです。

こういう時は地図検索!

するとCollier Creek Mineという鉱山の場所はわかりませんが、Mt.Idaのすぐ近くにCollier Creekという地名があるようす。
同じ産地とみていいでしょう。

こちらのサイト(海外)には、堆積岩砂岩から熱水活動で形成されたさまざまな石英脈があり、そこから採れると述べられています。


ただ……アーカンソーのゴールデンヒーラー天然アクアオーラ・バージョンがソラリス・クォーツと簡単には言えないようです。

こちらのサイト(海外オークションサイト)ではこのソラリスクォーツは、MAYANITE(マヤナイト?)とかRAINBOW MAYANITEと呼ばれていると書かれています。
この名前で検索してみると、なるほど、同じような天然アクアオーラ水晶が出てくる。

……しかし、産地が違う。こちらの産地は東ワシントン州、カスケード山脈のふもとだとのこと。

地図に落とすと
ソラリスマップ

アーカンソーは真ん中やや右下。
東ワシントンは地図左上のオレンジ色の丸のあたり。
か~な~り離れてますねえ。それでも天然コーティングで虹で黄色だったら同じなのか。
いやいや、MAYANITEはその名前の通り、マヤの暦に関係するニューエイジ・クリスタルとか言われています。
ソラリスの方はアステカやエジプトだったのに、こっちはマヤ。
……アメリカで採れたんだから、現地の伝説から題材を取ればいいのに。

とりあえず、同じように見えるけど別の産地のがあって、言われていることが違ってるっぽいのでご注意。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム