INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

写真でたどるネパール水晶・2(もちろん独断と偏見)

昨日の続きです。
まずは地図。

色分布予想

今日は昨日のガウリシャンカールから西です。

ガウリシャンカールから西に向かうと地図ではジュゴール・ヒマールです。
ジュガール・ヒマールの表記も見たことがあります。

ところが、地図で探すとこのジュゴールが出てこない、出てこない。
根掘り葉掘りの勢いで検索して、ようやくジュゴールという山ではなくて、いくつかの山を含む山域であることがわかり、含まれる山(ドルジェ・ラクバ)から割りだした推定位置がここ。

※もっと詳しい位置をご存知の方、教えてください!)

唯一ジュゴール産として買ったのはこの石。

ヘマタイト付です。持ってませんが緑泥入りも見かけました。
……困ったことに、見かけはガネーシュ・ヒマールそっくり。

広域でそっくりな石がたくさん出るのか、はたまた「新しい産地だよ!」と思わせたくて名前が引っ張り出されてしまったか……あるいはちゃんとジュゴール産もあるけど、ガネーシュ・ヒマール産と混ざってしまっているのか。
買ったお店を疑う意味ではなくて、あまりにも似ているので、産地混じりを危惧しています。
そういや、最近この産地の表記を見かけません。

お次はラスワ。
この産地のは持ってないのでもどかしい。
最初に見たのは内包物が多くてガサガサした感じのクラスターでした。
検索してみると、ガウリシャンカールにそっくりなスモーキーも出ているようす。
この産地、私はラスワ「郡(つまり、行政の区分)」と解釈しているのですが、店によっては「ラスワという山だ」とおっしゃいます。
日本でも広島県と広島市のように行政の区分名と都市名が同じものがあります。
ラスワもそうなのでしょうか……?

持ってないので写真を見るだけですが、スモーキーはガウリシャンカールそっくり。スモーキー・エリアはここまで伸びているのでしょうか。


さらに西に行くとネパールの東西ほぼ真ん中(ちょっと東より)、ネパールのヒマラヤ水晶の代表選手と言ったらこれでしょう!……のガネーシュ・ヒマールです。

私もネパール・ヒマラヤ水晶の1個め……もしかしたらヒマラヤ水晶としても栄えある第一号はこの産地。
これです。


カンチェンジェンガとかガウリシャンカールとかの他産地が出てきたのは、私がヒマラヤ水晶を集めるようになってからもしばらく後で、長らくネパールと言ったらガネーシュ・ヒマールでした。

そのうち、ティプリングとかジュゴールヒマールとか、見た目ガネーシュにそっくりなのが出てきて、最近(と言ってもここ数年)はラパとかリーとかゴルカなどの産地も聞くようになりました。
果たしてこれはガネーシュ・ヒマールと区別すべきなのか、否か。
これらの産地名が出てきたころにはガネーシュ・ヒマール産をある程度持っていたので、見た目そっくり石に手が伸びなかったので、あまり持っていません。

手持ちの石を見てもらうと、「これはラパで見るね」と言われたりするので、個人的にはティプリングやジュゴール、ラパ、リー、ヒンドゥンなどは「ガネーシュの中の詳細産地」という位置づけです。(実際同じダディン郡の中にあります)


このようにガネーシュ・ヒマールの名前を持つ山は複数あり、ガネーシュ・ヒマール産といっても採れる範囲は広そう……ラパやリー、ヒンドゥンは山のふもとという感じかも。
(ゴルカだけはちょっと離れているのでどうしようかと思案中)

さて、ガネーシュ。代表選手だけあって流通量も多くてバリエーション豊か。
細かな違いを上げていくととんでもないことになって収集が付かないので、あえて大雑把にいいます。

私は、ガネーシュ・ヒマールには大きく二つのタイプがあると思っています。

ひとつはカテドラル系ずんぐり型ともいうべきもの。
たとえばこういうの。
 
 

このタイプは、色を別にするとガウリシャンカールと共通するタイプの結晶のように思われます。

細かく見れば例外もあるんですが、典型的なものでは
接合線
こういう縦の筋……というか凸凹があるのが特徴で、カテドラルと言われている形の表情です。

このタイプには内包物がほとんど見られません。(わずかに例外あり)
そのかわり、スモーキーがかるものはあります。

 

もうひとつはとんがり型。
 
 

こちらは緑泥や角閃石などの内包物が豊か。それと引き換えるようにスモーキーの色合いは見かけません。
例外的に太短く、ずんぐり型に見えても上で接合線と説明したあの凸凹が見られないのでタイプが違うとみています。
77

詳しい産地は分からないけれど、もしかしたら、ずんぐりタイプはガネーシュでも東より、緑泥などが入るとんがりタイプはどちらかというと西より……なんてことがあるんじゃないか。

本当は、無理やり2つに分けるのがもったいないくらいの個性派ぞろいの産地なのです。
ああ、最近素敵なガネーシュ・ヒマールとの出会いがない……。

続く!

Comment

Secret

No title

ヒマラヤ水晶のコレクション、素晴らしいですね。質も量も適いません。よくこれだけのものを集められましたね。
水晶コレクションだけでも200点以上ありそうですね。

Re: No title

> 水晶コレクションだけでも200点以上ありそうですね。

えーと……怖いので数えないことにしています。考えるだけで、くわばらくわばら。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム