INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

第五の青

ぺんたごないと

インド産のペンタゴナイトです。
今まではほんの小さな分離の結晶しか持ってなくて、母岩付きが欲しかったので。

カバンサイトとそっくりですが、それも道理。
カバンサイトとペンタゴナイトは科学組成は同じで結晶構造がちょっと違う同質異像の関係です。
ペンタゴナイトは双晶することで断面が「★」になることがあるため、ペンタゴナイトの名前が付けられました。


これはペンタゴナイトと言われてみてみると、カバンサイトがほんのわずか緑のニュアンスがある青であるのに対し、ペンタゴナイトの方が冴えた青。結晶も、カバンサイトの方が素直に放射状であるのに対し、ペンタゴナイトは放射状に伸びた結晶にさらに小さな結晶がカクタス・クォーツのようにくっついているのが違いでしょうか。

ただし、あらかじめ分かったうえで比べると……であって、どちからひとつだけを解く全目の前に出されたら、きっちり当てる自信はありません。

この魅力的な青いいしは、最初アメリカのオレゴンで見つかり、後にインドでたくさん出るようになりました。
産地はオレゴンとインドの二か所なので、そういう意味ではレアな石のはずなんですが、インドからたくさん出るのでレア石扱いからは外れているという、かわいそうなような、石好きにはうれしいような、ちょっと複雑な心境です。

ところで、カバンサイトとペンタゴナイトは、同質異像だと書きました。
つまり成分は同じ、結晶の構造がちょっと違う。
こういう場合は結晶系が異なる場合が多いんですが、調べてみるとどちらも斜方晶系。
……どこが違うんだろう・

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム