INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

窓と鍵

窓と鍵

レムリアンシードと呼ばれる水晶が(も)好きだ。
変な水晶スキーだけれど、レムリアンシードは、やっぱり端正で美しいのが良い。

ふんわりマット、うっすらピンク、側面にレムリアンリッジ(横筋)を刻んだその姿は、内部に何かを……私は「空間」とイメージしているんだけれど……包み込んでいるように思える。
普通の透明水晶と違って、ふんわりマット(内部が十分見える絶妙なマット具合が重要)がであることで水晶の内部と外部が柔らかく隔てられていて、うっすらピンクが内部を柔らかく見せている。
きれいに光を当てると和紙の行燈のような……光を包み込み、まわりをぼうっと柔らかく照らすような雰囲気がある。

……ってことで大きいのは買えないけど、小さいのにはいくつも手を出してしまう私。

あっ、もう恒例で繰り返しますが、
「横筋付き水晶=レムリアンシード」ではありません。

水晶の側面の横筋は成長線とか条線とか呼ばれるもので、はっきりしてるのほとんど見えないのいろいろですが、水晶だったら合っても不思議ではないもの。
これをレムリアンシードの条件にしたら、水晶は全部レムリアンシードになっちゃいますよ。

「うっすらマットでほんのりピンク横筋付き」でも条件が足りません。
ブラジルミナスジェライスのカブラル山脈産という産地条件をお忘れなく。

レムリアンシードとは、伝説のレムリア人の記憶だか意識だかが秘められた石、というのがそもそもの設定です。
どうしてそんなものが宿るのかというと、レムリア大陸が沈むとき、レムリア人の意識が南米に飛んで地下で眠りについたから。
カブラル山脈でレムリアンシードが見つかった時、真っ白な砂のような地層にほんのりピンクの水晶が埋もれている神秘的な様子を見て、ヒーラーが、「レムリアの遺跡……この場所こそ、レムリア人が眠りについた場所」というインスピレーションを受けて名づけた。
そういうつながりのあるお話をバックボーンに持っているのです。

考え方は人それぞれなので、伝説だからどうでもいいじゃん、言ったもの勝ちじゃんというのもありかもしれませんが、横筋が付いているからレムリアン、国産水晶でもレムリアン(実際ネットで見ました)なんてのはいかがなものか。
前述したように私は見た目でレムリアンシードが好きなのですが、その名前を使うなら、やっぱり由来となった「お話」は大切にしたいもの。
てことでレムリアンシードには「見た目と産地」という条件を(しつこく)掲げます。

レムリアンシードだってただの水晶だけれど、それを特別な名前で呼ぼうというなら、その名前の適用は厳格に。
そうじゃないと楽しくないです。


さて、今回の石は、さらに名前が重なります。

この石のひとめ見て明らかな特徴は、写真にもでかでかと写っているひし形の面。
一か所レムリアンリッジのために欠けたみたいに見えていますが、大きくてきれいなひし形です。

こういう水晶を「ウィンドウ(ウィンドウ・クリスタル)」といいます。
今ではかなり下火になりましたが、以前は原石が人気でした。
そのころは水晶の面の形でいろいろ名前が付いていて、五角形の面ならばイシス、八角形はグラウンディング(詳しくはこちら)などいろいろなものがありました。

考えてみると、それらの名前が付いた石は、たいてい透明水晶の分離単結。クラスターの中に五角形の面があってもイシスと呼ばれることはあまりなかったように思います。

その後、かなり形のゆがんだ五角形の面のものでも「イシス」と呼ばれたり、クラスターの中で「ここにイシス、ここに○○……」と呼ばれたりするようになってきて、何となく違和感を覚えていました。

考えてみると、イシスやグラウンディングも「特別な名前」であるわけで、その名前を名乗るからには五角形だったらなんでもイシスではなくて、その石の一番大きな面がきれいな五角形になっている者ものこそ、ふさわしい。
そういうことじゃないかと思うのです。

一番大きな面というのをちょっといいかえると、その石の第一の特徴が何であるかということ。
クラスターの中でイシス……に違和感を覚えたのは、クラスターは、まず結晶が群れたクラスターであることが第一の特徴だから。
クラスターの中で一本だけ大きい・長い……とにかく目立つ結晶に、ばっちりイシスならそれをイシスといってもおかしくないかもしれないけれど、同じような結晶を一本一本チェックしてやっと見つけるようでは第一の特徴とはいえない。
イシスの五角形がシリウスという星(☆マークの頂点を結んだ形)からきているという話を大切にするなら、形の整った五角形こそがふさわしい。

その点でいうと、今回の石は、ででんと巨大な「窓」。
結晶もやや平べったく……このウィンドウを目立たせるためのような形。
さらには、下部に見事なキー……結晶が外れた六角形または三角形のくぼみ。これもはずれたあとならなんでもいいというものではなくて、くっきりはっきり「鍵穴」にふさわしいものが望ましい……が現れています。

「ウィンドウ」は「自分の内面を覗く窓」みたいな意味合いがあるようで、そこにキー(鍵というより鍵穴)がある。なんとも意味深な組み合わせの石なのです。

Comment

Secret

色について

お久しぶりです♪いつも楽しく勉強させて頂いております☆
レムリアンの色についてですが、ピンクっぽいものではなく、透明のものはどうなのでしょうか?他の条件はばっちりでも、色は無色透明。よく見かけるのですが…。

Re: 色について

> お久しぶりです♪いつも楽しく勉強させて頂いております☆
> レムリアンの色についてですが、ピンクっぽいものではなく、透明のものはどうなのでしょうか?他の条件はばっちりでも、色は無色透明。よく見かけるのですが…。

えーと、産地もカブラル山脈なんですよね?

私だったら表面のピンクは鉄分いよるものなので、透明なものがあっても不思議でもなんでもないと考えレムリアンシードのバリエーションと見ます。
ピンク以外にオレンジもあったりしますし。

仮に透明ではレムリアンシードに思えない、というなら無理にレムリアンシードにしなくてもいいんじゃないかなあ……と思います。

ありがとうございました!

とても納得です。ありがとうございました!!
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム