INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

エスピニャッソ

ばいからー・あめ

昨日に続いて、緑と紫のバイカラー・アメジスト。
バイカラーというほど色がはっきり分かれているわけでもないけれど、いちおうくすんで見えているところが緑っぽく両端が紫。
本当に、この緑は微妙な色で写真に写りにくい、知らないとなんだかくすんできれいじゃないアメジストと思って素通りしてしまいそう。

……しかし、今、この微妙なバイカラーがとても気になっている。

というのも、この石の産地がとても面白い。

産地を地図で探していくと、おなじみディアマンティーナの南100キロ(地図上の目測)ほどの場所。
ミナスジェライスのほぼ真ん中を南北に貫くエスピニャッソ山脈にある。

これまでにもエスピニャッソ山脈は何度も名前が出てきた。
ひとつはライトニングクォーツの産地として。
レムリアンシードの産地・カブラル山脈はエスピニャッソから小さく枝分かれしたような場所だ。

ディアマンティーナも大部分がエスピニャッソ山脈に重なっている。

そしてこの山脈は、ミナスジェライス州を抜けて北隣のバイア州にまで伸びている。
最近このバイア州の産地を調べてみたら、バイア州との州境沿いにはプラシオライトで知られるモンテズーマがある。(モンテズーマはバイア州と説明されているのを見かけたけれど地図ではミナスジェライスだった)
そして、バイア州内では、リチウムクォーツの産地、(主に金色の)ルチルの産地、硫黄入り水晶の産地などが、この山脈にある。
ヘマタイトやゲーサイトが入った一見スーパーセブンに似た水晶もエスピニャッソの周辺といっていいところにあるようだ。
ミナスジェライスでも、金、ダイヤモンド、トルマリンなどの宝石鉱物の産地がエスピニャッソの東側に集中している。

……ということは、この山脈はそういった鉱物が生まれる環境であったということ。
この山脈を作った地球の力が、個性的な水晶を生み出したということ。
これはぜひともエスピニャッソの成り立ちを調べて見なければ。

だけど、なんか資料少ないんだよねえ……。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム