INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ミルキーアクア色

ミルキーアクア色

パキスタンはギルギットの産だという、水色の……水色というにも淡い目の……ちょうどこの産地のミルキー・アクアマリンにとてもよく似ている色の水晶です。

六角形頭とんがりの水晶らしい形をしているので、間違いませんが、色はかなりそっくりさん。
これが緑泥の色だと聞いたけれど、本当だろうか?

この石を最初に知ったのは友人が持っているのを見せてもらったとき。
その後池袋で小さいのを一つ買い、さらに何年後かの新宿でこの石と、部分的に水色の石(この石よりわずかに緑っぽい)を買い、以後見かけてもいないという、実はレアかもしれない石。

大変デリケートな色でなかなか写せなくて、今頃の登場となりました。
普段はあまり色はいじらないんですけれど、この石については画像で色をいじって青く見せています。
実際淡い水色なのにカメラはそれを写してくれず(ホワイトバランスを調節しても)、画像処理で実物に近づけるしかありませんでした。
……もしかしたら私の欲目で、実物よりちょっぴり青くなっている……かも。

緑泥石と言いながら、実は緑の色合いに幅があり、ほぼ灰色っぽいものも黒いものも、はたまたクロムによって赤紫になるものもあるのは知っていますが、本当に水色にもなるのか。
内包具合が緑泥っぽくないこともあり、いまだに信じられません。
じゃあ、何かというと、代わりの候補が思い浮かばないので、今のところ聞いた通りの緑泥で。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム