INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

怒れ! 持ち主さん

前から気になっていた「よくある質問」をまたも見かけてしまった。

「気に入っているブレスレットを『その石はもう死んでいる、身に着けない方がいい』といわれた。どうすれば?(または、身に着けない方がいいのか)」
……というのだけれど。

大切な石なのに死んでると言われてびっくり……なんでしょうが、私には「その気持ちもわかる」とは言えません。

だって「気に入っている」というなら、その石には「持ち主を楽しませるパワー」があるということ。
そう言えるのだから、そのパワーをちゃんと感じているということではないか。
そんな石が「死んでいる」?
違うでしょう。

そもそも、石は私たちと同じような意味では生きてないもの。
石が生きているというのは、「名人の作品には魂が宿る」というように、他とは違う存在感を「生きている」と表現しているようなもの。

パワーストーンは興味のない人にはただの石ころだけれど、持つ人が不思議な力を持つと考え、その考えに影響を受けるからパワーストーンになるもの。
つまり、持ち主の気持が石をパワーストーンにする……石に命を与えるのは、持ち主だといえるでしょう。

だから、飽きたり、疑ったり、石から持ち主の心が離れれば、パワーストーンは命(存在感)を失ってただの石ころに戻る。
そんなことならばパワーストーンが死んでいるといえるかもしれないけれど、この場合、それを決めるのは他人ではない。

考え方の違いで「石がもともと持っている力を使い果たした」=「石が死んだ」だとしても、大地の底で長い時間をかけて育まれてきた石がほんの数年で力尽きるだろうか。

「あなたの石は死んでる」……この言葉は、長い年月をかけて成長した石の息の根を、ほんの数年で止めてしまうような扱いをしたといわれてるも同然ということになる。

私は石のパワーはこれっぽっちもわからないけれど、自分を楽しませてくれる力に満ち溢れた石を勝手に死んでるとか、数年で息の根を止めるなんて一体どんな扱いをしたんだと言われる筋合いはない。
ここは「どうすれば?」「身に着けない方がいい?」と心配するよりも「何を言うんだ」とムカつくところなんじゃないかと思うんですが。

だって、自分と石との絆を疑われたんですよ?
心配するより怒るべき。
うかうかと心配して「着けてると良くないんじゃないか」なんて思う方が石にとって良くないです。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム