INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ファーデン水晶で想像。

内部に白いラインが入った……というよりそのラインを芯に成長したように思われるファーデン水晶。

このユニークな水晶がどのように成長したのかについて、いろいろな説があります。

ざっくりまとめると……

(1)板状に成長した水晶が地殻変動で割れ、割れ目が再結晶してファーデン・ラインになった。

(2)最初にラインの部分ができて、そこから結晶が両側に成長した。

(3)水晶が成長した晶洞に新しい熱水が流れ込むなどの刺激でライン部分と結晶が同時に成長した。


とりあえず(1)については、絶対こんなふうに割れるのは無理!というラインの入り方をしたファーデンがたくさんあるので、自信を持って(?)違うといいましょう。

 
こんな細い水晶が縦割りに割れるとは思えません。

これまで、私は(3)説を推していました。
(2)と(3)はよく似ているんですが、(2)は、詳しく言うと「岩と岩の間に、はじめに筋の部分が育ち、そこから水晶の結晶が徐々に育った」と説明されていて、「晶洞だって岩の間ではあるわけで、どうやって筋の部分が先にできるのか」という点がわからなくて、それだったら(3)の方があり得るんじゃないかと思っていたのです。

ところがこのたび「筋の部分が先に成長」の詳しい説明を発見!

こんなことみたいです。

fa-1.jpg
1)石英の粒を含む岩石があったとします。

fa-2.jpg
2)そこに地殻変動などでひびが入り、ちょっと広がったところに熱水が入り込みます。
  ひびの部分に石英の粒があって、それが真っ二つに割れてしまうこともあるでしょう。

fa-3.jpg
3)※ここからはわかりやすいようにアップで。
熱水には石英の成分が溶け込んでます。石英/水晶は割れた断面の方が結晶しやすいので、さっそく割れたところに二酸化珪素がくっついて小さな小さな結晶ができ始めます。

fa-4.jpg
4)小さな結晶はどんどん成長し、隙間をつなぐ感じになります。

fa-6.jpg
5)ところがひびを広げた大地の力はまだ止まっていなかったので、せっかくひびの隙間をつなぐように結晶した水晶は再び割れてしまいます。

fa-5_201311062315519ab.jpg
6)断面が小さな結晶がら再結晶開始。

fa-7.jpg
7)再び連結。

fa-8.jpg
8)これを繰り返していくと……普通の水晶でも根元が白くなっているのが多いですが、これは土台となった岩にくっついて成長を始めた小さな結晶の名残だと言われています。
ファーデンの場合はそれが何層も重なってファーデンラインになったということ。
広がる隙間を埋めるように結晶すると同時に横にも成長していってファーデンの結晶ができたのだ……というのです。

確かに、ファーデンラインは

ではなく、よく見るとこういう構造です。


この石ではそれがよくわかります。


今回の説明では、この構造になる理由が説明できます。

なるほどこれなら芯(筋)が先に結晶したとも言えるわけで……。
ってことは(2)説が本命!?

ここまできて、さらに別のことも考えました。

実は、ファーデンはパキスタンだけでなくネパールやインド、モロッコ、ブラジル、アルプスでも出ます。
しかし、それらの産地は「まれに見かける」程度で、その数はパキスタン産には遠く及びません。
流通事情(ファーデンが出る産地で水晶を採って売る体制が整っているとか)を考えても、パキスタンでファーデンというのは以前から有名なので、ダントツで数が多いんだと思います。

どうしてだろう?

長くなるので、続きは明日。

Comment

Secret

No title

なるほど。こうやって成長したと言われるとしっくりきますね。ファーデンの白い部分は「成長跡が重なった部分」というわけですか。
なんとなく瑪瑙の成長の仕方に似ているなぁと思いました。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム