INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

青・2

itinga-blue-4.jpg

4個セットのインディゴライト入り水晶その2。
4つの中では、一番青さが均一で、インディゴライトの太さも密度もちょうどいい。

細くて(3センチほどの石をここまで拡大してインディゴライトの針状結晶が見える)均一に散らばっているので、石全体が青く見える。

青水晶というからには青くなくてはならない。
でもインディゴライトはちょっと色合いが異なると灰色っぽくなってしまうものもある。
青くても、針が太かったり固まっていたりすると全体青にはならない。
青水晶は少ないので、少々針が目立っても、色合いがブルーグレイだったり、色が偏っていても青水晶と呼んでしまうけど、できれば全体青、誰が見ても青が希望。

その点この石は小さいけど合格点!
大きいと均一青は難しいし、何より高い。

そうそう、忘れずにもう一つ。

インディゴライト入り青水晶は青ルチルじゃない!
ルチル(金紅石)入りがルチルクォーツであって、トルマリン入りをルチルと言うのは違う。
似ていて間違えるならともかく、ルチルにはっきり青はないので、青かったらルチルでないことは明白なので、迷わなくてもいいはず。

……だけど、アナテーズには透かして青があるんだよねえ……。

Comment

Secret

とても綺麗ですね。理想の青水晶に近いです。私も探していますが、最近は小さなクラスターが多く、大きめのポイントは見なくなってきました・・・。今年のミネラルショーで見つかることを祈ります。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム