INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

池袋戦利品 この石を磨くか!

連続インド産。
池袋はインド産が実は豊作だったかも。

そんな中でこんな石。

stilbite-tanble.jpg

スティルバイト(束沸石)……のタンブルです。

タンブル!

水晶とかカルサイトとか大きい結晶や塊状で産出する石ならわかりますが、スティルバイトと言ったら、ペラペラな結晶が集まった、こんな石。

stilbite-hasioki.jpg

沸石としてはおなじみの種類で、もこもこ固まっていたりしますが、それにしてもこんな石を磨いちゃうとは。
以前からルースは見てました。
平べったいルースなら、作れないことはないと思いましたが、タンブルとなると厚みがあります。
さらに今回は丸玉まで。

どっちにしようかと迷った挙句、色がきれいだったタンブルにしました。

以前、スコレサイトの丸玉を見つけた時も、アレをよくも磨いたものよとかんしんしたものです。
いくらたくさん産出してもこもこ固まってる石だったとしても、タンブルや丸玉にするには隙間があっては困ります。
つまり、隙間のない結晶の塊の芯がこういうものを作れるくらい大きかったということ。

スティルバイトは鉱物標本として良く見かけるものですが、そういうものは手ごろな大きさのものがされて流通していて、現地では私たちの想像以上に大きな塊が出ているのでしょうか。

削る前の姿が見たい。




Comment

Secret

No title

私がピーチ/オレンジ色のセレナイトのタンブルとして購入したものに似てる…かな~??(超自信なし)と、一瞬思いました。私のタンブル、ひっぱり出してもう一度よく見てみようかな…。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム