INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

鉄薔薇もこもこ水晶

うーん、意外に持ってないかもしれない内モンゴル産。
ダルネゴルスクと競うような私好みのへんてこ水晶ぞろいの魅力的な産地なんですが、あっという間に値段が勉強されて高嶺の花になっちゃって……。

hema.jpg

それにしても何と個性豊かな水晶が出る産地なんでしょう。

広東省産(リンク先のページ後半)を思わせる雲母状ヘマタイトにグラニュー糖のような結晶をくっつけた小ぶりな水晶がもこもこ生えています。

この石が入荷した時、兄弟石が一つ二つあったようなんですが(よう、というのは、私が買った時すでに売れてしまっていたので見てないから)、その後その店でもほかの店でも似た石を見かけません。
お店の人も「少ししか出なかったみたいだよ」と言っていたので、確かに少なかったのでしょう。

そういう話を聞くと、少なく面白い石に出会えたことをラッキーと喜ぶ半面、きっと、他にも見る機会がない面白い石があるんだろうな……とそわそわしてしまう気持ちがせめぎ合います。

さて、この石、写真でもわかるように、全くの白ではなくて、何となく色がついている感じ。
お店の人は「シトリン」と言いましたが、これは……シトリンじゃないような気がするんだけど。
どちらかというと内包物系の色合いっぽい?

そう思って結晶をアップにしてみたら、これが大変おもしろい!

hema2.jpg

大半の結晶がおそろいでこんな感じ。

先端からやや下の部分に薄赤い内包物。結晶の根元の方にも、芯のように何か内包されてるっぽい感じ。
ヘマタイトと絡んでいるので、鉄系の何かでしょうか。

こんな感じに内包されるということは、ひょっとすると一時期この水晶は、溶けて先端が丸くなっていた時期があるんじゃないか。
そこに不純物がくっつき、再び水晶が成長を初めると、こんな感じになるような気がします。

くっついているつぶつぶ結晶が水晶かそれとも別の鉱物(アポフィライトもこんな感じでくっついたりします)なのかは不明。



Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム