INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

フラワー・ローズ

フラワー・アメジストがあるなら。これもフラワーと呼べないか。

フラワー・ローズ

昨年末の池袋石。
こちらのローズと同じ店で買った石。
さて、私はこの店でいくつ買ったでしょうか(汗)。
他の(ちょいお高めの)店で同じような石を一つ買う値段で全部買えちゃったりするミネラルショー(掘り出し物)価格恐るべし。

ご覧のように母岩付き、母岩に対してへばりつくように淡いめ白濁ローズの結晶がくっついています。
ドゥルージー状の結晶を縁取るように、やや大きめの結晶が生えているようすは、まさにフラワー状。
結晶が寝そべって放射状に花になるアメジストとは様子が違いますが、立派に花。しかも二重丸のようになっています。

最初のローズクォーツのところで述べたのと同じ理由で詳しい産地は不明ですが、同じ産地だとしたら、サプカイアではないかと想像しています。

ところで、ローズクォーツはご存じのように、結晶になるものは少なく、なっても普通の水晶のように柱面が発達して直立するクラスターにはなりにくく、小さく固まった感じになりがちです。
珍しく大粒になったかと思うと先端がスモーキーだったり、実は白濁水晶の表面だけピンクだったり、なかなか芯までローズで大きくなるのは見かけません。

……ということは、ローズクォーツの発色原因が大きくなることを邪魔しているのか、ローズの発色原因があるところは、水晶が大きくなれない環境なのか、どちらかではないでしょうか。

先ほど、この石をフラワーといいましたが、もう一つ、似ているフラワーがあります。



フラワー・アゲートなどと呼ばれているこの石。
私が持っているのはきくらげみたいな感じですが、中には縁に水晶が花弁のように結晶しているものもあります。

ローズクォーツとは産地は異なりますが、これがアゲート……カルセドニーであることが気になります。
というのは、カルセドニーは水晶に比べて結晶する温度が低いといわれています。
熱水の温度が低いためにミクロの結晶になり、それが集まってつぶつぶ構造の潜晶質になるのだというのです。
……だとしたら、結晶形のローズは、他の水晶よりも温度の低いところで結晶したのではあるまいか。



Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム