INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

やっぱりシトリン?

ペルー・シトリン

先だっての某即売会で買いました。

ペルーのシトリンです。
ただし、ラベルは「Quartz」でした。
お店の情報によると、ベースはシトリン、濃い黄色いしみのようなものが入っているものもあり、それは塩化鉄(液体状でインクルージョンされているらしい)、やや褐色なのは鉄明ばん石の微小結晶とのこと。
私が買ったのは黄色のシミも褐色のものも入っていないので、普通にシトリンということになります。

ただし、ブラジルのシトリンに比べると、スモーキーがかってもいないし、アメジスト加熱のシトリンのように山吹色が買ってもいません。
さわやかなレモン色系という感じです。
透明度も高く、結晶面もつやつや。

ご覧の通り(パワーストーン的に言うところの)ツインでもあります。

そういえば、私、ペルーのシトリンをもう一つ持っていたはず。
こちらです。
産地を比べてみると同じ。

最初に買ったものは白いつぶつぶがファントム状に入っていますが、今回のものにはありません。
最初のものにはラベルにサルファーとあり、その白いつぶつぶが硫黄なのか、黄色い発色そのものが硫黄によるものなのかが不明でした。
レモン色っぽい色合いからサルファーによる色?
……と考えていましたが、今回の情報によると、ベースの黄色はシトリンということになります。

まあ……硫黄による黄色だったら、こんなに透明黄色になるとは考えにくいですもんね。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム