INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ごちゃ混ぜミックス

なんだか今日は画像のアップロードが失敗続きなので、別ネタで。

ネットでいろいろ見ていたら、
あるサイトで
「ピンクエピドート(通称ストロベリークォーツ)」
「鉱物名マンガノエピドートシスト・(インクルージョンが内包されたマンガノエピドートinクォーツ)」
と書かれているのを見ました。(注:同じ石に対するタイトルと説明の一部です)

わかるけど……わかるけど、なんだか非常にごちゃ混ぜです。

こういう石のことです。


この石については一度取り上げています。

結論から言うと……というか、実際鑑別に出したわけではないので、一番多く言われている説明を採用するなら、これは「ピンクエピドート イン クォーツシスト」。

これを長ったらしいカタカナの名前として認識するとかえって訳が分からなくなります。
砕いて……いや、ちょっと堅苦しく言うと、石英片岩(クォーツシスト)にピンクエピドートが入ったもの。

「ピンクエピドート(通称ストロベリークォーツ)」
は、中身だけの名前ですから、ルチルクォーツを「ルチル」と略しているようなものです。

石好き仲間で話をするには、話言葉として「ルチルのブレスレットが……」で通じますが、ネットで、商品名としてピンクエピドートと略してしまうのは不適当です。
これがストロベリー・クォーツとして売られているのは知ってますが、これだけがストロベリー・クォーツではないし一番有名なものでもない。
何よりクォーツシストなのだとしたらストロベリー・クォーツと呼ぶには抵抗があります。

クォーツシストは石英が多いシスト(片岩)で、いくら石英分が多くても岩石扱いされる石で石英ではないし。

「鉱物名マンガノエピドートシスト・(インクルージョンが内包されたマンガノエピドートinクォーツ)」
も同じくシストとクォーツをいっしょくたにしています。

どうせ(かっこ)で説明するなら、(マンガンでピンクになったエピドートが石英分の多い岩石に内包されたもの)と言った方がいいんじゃないだろうか。

今も、マンガンでピンクになったエピドートだったら、なぜピーモンタイトと言わないのはなぜだかわかってないんですが、もしかして、かの50%ルール……ピーモンタイトの名前を使うにはマンガンの割合が少ないという事情があるのでしょうか?

例えていうならカルサイトとロードクロサイト。
カルサイトはCaCO3、ロードクロサイトはMnCO3。
Ca(カルシウム)とMn(マンガン)が置き換わったような鉱物です。

ご存じのようにカルサイトには、マンガンを含んでピンクになったものがあります。

これは色に注目すれば「ピンク・カルサイト」。成分に注目すれば「マンガン・カルサイト(マンガノカルサイト)」。
これがもっとたくさんマンガンを含み、その割合が50%を超えると、カルサイトではなくロードクロサイトとみなされます。

ピンクエピドートもそれではないか。
本来緑っぽい色のエピドートにマンガンが混じって赤くなったけれど、ピーモンタイトを名乗るほどにはマンガン分が多くない。
ゆえに色でピンクエピドート、成分だったらマンガノエピドート。
……ならわかるんだけど、物がビーズだけにピーモンタイトの名前がマイナーだからエピドートの名前を使ってる可能性も捨てきれない。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム