INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

まだあるジャングル

kangchen-7.jpg

まだあったぞ、ジャングルクローライト。

念のために、もう一度。「ジャングル・クローライト」は、私のネーミングです。
他の人は使うな!……なんてことは言いませんが、巷のヒーラーネーミングとは違って、どこのどういうものをこの名前で呼ぶかははっきりさせておきたいと思います。

私がこの名前で呼んだ石は、
◇インドのマハラシュトラ産
◇棒状結晶と緑泥が一緒に内包されている
◇棒状結晶に緑泥がまとわりついて、ジャングルの木々みたい。

green-p68.jpg

産地は、マハラシュトラと聞きましたが、実は隣の州だった……でも驚かないので、あまり厳密ではありません。
大切なのは2番目と3番目。
棒状結晶が入ってなくて緑泥だけというのもあって、同じ産地なので、それもついジャングルクローライトと呼んでしまっているので申し訳ないんですが、「ジャングルクローライト」は「棒状結晶にクローライトが絡みつく様子がうっそうと茂る森のようだから」というイメージでつけた名前。
これ↓
green-p70.jpg green-p69.jpg
と、たとえばヒマラヤ水晶のガネーシュ・ヒマールで緑泥入り

が似ていても、ガネーシュ・ヒマール産には棒状結晶入り緑泥絡み付きが出ないので、ジャングル・クローライトとは呼びません。

さて今回の石は、棒状結晶が良く見えるということで選んだ石。
しかも棒状結晶の断面が結晶面に表れているので、これをよく見ればルチルなのかトルマリンなのかエピドートなのかがわかるはず……はずなんですが。
見てると断面資格と6角形に見えるのがあって私には判断できません。
写真を撮って情報募集中しようにも、1ミリちょっとくらいのピンポイントにピントを合わせるのが至難の業。
すでにピンぼけ写真の山です。

今後きれいに写真が撮れたら、ぜひご協力を!

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム