INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

詳細不明加工情報

言うまでもありませんが、ルチル入り水晶は人気です。
人気なので価格高騰中、以前は私でも買えたけど、今では値段を聞くと「失礼しました!」と回れ右です。

人気なので、トルマリン入りなのにブラックルチルとか、エピドートやアクチノライト入りをグリーンルチルと言っていたり、人工ルチルクォーツがあるんだってといううわさも絶えません。

私は今でも頑固に中身がルチルじゃなかったらルチルクォーツと呼ぶのは反対です。ルチルに針状内包物という意味はないし、鉱物名なんだから、ビーズだったら針状内包物のことでいいという勝手な用法はありえない。

人工ルチル(クォーツ)については、本物と間違うような(一から作った)偽物は、その存在を疑問視。
人工水晶でもガラスでも無理っぽい。(似てないなら偽物とさえ言えません)
作るのは簡単じゃなさそうだし、作れても手間とコストがかかりそう。安く作って高く売るのが偽物の真骨頂(違)なので、コストをかけて高い偽物を作っていたら割に合いません。

なので、ルチルクォーツだったら、まあ、天然石でしょう……なんですが、一応、加工はあるみたい。

先だっては「染めじゃないか?」というのをのせました。
聞いた話では、オイルを染み込ませて水晶部分の透明度アップをしているものもあるとか。

そして、今回透明度アップ加工にもうひとつ。

鉛ガラスを染み込ませている……というのです。

鉛ガラスとは、いわゆる「クリスタルガラス」。
鉛を混ぜて透明度とキラキラをアップさせたガラスです。有名なところではスワロフスキーがクリスタルガラス。

これを染み込ませて透明度をアップさせている。
透明度の高いルチルクォーツの産出が減ってきたので、中国で2年くらい前からこの手の加工が増えているらしい。
……そういう話です。

「これがその加工だ」という実物を見たわけではありません。見てもたぶんわからないけど……。
どれくらい出回っているのかも分かりません。

ただ、ルビーなどで鉛ガラス含浸により透明度をアップさせる加工があるのは知っています。
参考サイト様1参考サイト様2参考サイト様3

白濁した水晶は、中に細かいクラックや液胞が入っているから白っぽく見えるわけで、それをガラスで埋めたら透明度は上がるはず。
オイル含浸も目指すところは同じです。

でも、ガラスとルビーだったら、なんだかルビーの方が融点が高そうで、ガラスを染み込ませることもできそうだけど、ガラスと水晶だったら、ガラスがドロドロしてる温度では、水晶も溶けそうな気もする。
鉛を混ぜると融点が下がるんだろうか?

とりあえず、これは本物? 偽物? ではなくて加工もの。

Comment

Secret

No title

ガラス細工の分野から考えると、
鉛ガラスと水晶って膨張率(熱を与えると大きくなる
割合。冷えると膨張率が大きいほど大きく縮む)も屈折率も違うんですねー
鉛ガラスと石英ガラスを
組み合わせると…

組み合わせる≫冷やす≫膨張率が違う≫
片方は少し縮み、片方は大きく縮む。
≫境界で歪みが発生する≫≫割れる!


…なーんてことが起こるんですねー。この現象を利用したガラスコップもあるようです…
ルビーはガラスに比べて引っ張りに強いからこんなことができるのかも。…でも歪みはでるからもろくなり、
取扱い注意となってしまうのかもしれません。
参考:http://www.ogura-indus.co.jp/material


水晶は石英ガラスに近いから水晶と鉛ガラス、組み合わせたら同じことが起こるかもしれません…
染み込ませる間、軟化点が結構違うのでふにゃふにゃなんてことはないと思うんですが冷やしたら
バラバラ…なんてことになりかねないかもしれません。

なので考えられることは屈折率の近い樹脂を染み込ませたり、水晶を溶かして整形するって方法をとった方が可能性があるし、お金がかかりません。
それに真骨頂に近づくしww

だからそういう方法はあまり使わないのではないでしょうか…

あくまでも想像にすぎませんが処理方法の一説として見ていただければ幸いです。

最後まで読んでいただき有難うございました。
m(__)m



Re: No title

貴重なお話をありがとうございます。

やっぱり、水晶にガラスを含浸させるって難しいんですね。
オイルの方がしみ込みやすいし安上がりみたいだし、そっちの方が多そうです。

でも中国と聞くともしや……と思っちゃうのが怖いです。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム