INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ブラック・シェブロン

ribanee-4.jpg

またもやまたもやリバニー・アメジスト。
「アムアゼツ」でもいいけど、私はアゼツライトシリーズのやり方が好きではない。

こういうエネルギーを感じた! だからアゼツライトだ……というのはいいけど、私は感じないので「そうか、アゼツライトか」という納得感に欠ける。

その点、リバニー・アメジストは買ったお店がそう教えてくれたので、「そうかリバニーか」と思えるけれど、一体この「リバニーが地名なのか(検索してもヒットして来ない)。もしかして人名か、あるいは何か別のものを示しているのかいまいち不明なので、そこが引っかかります。

バンデッドアメジスト、ストライプアメジストという呼び方もあるけど……ビーズみたいに小さくなるとなるほど縞模様なので、個のネーミングもわかりますが……。

私が買ったのは大きめ磨き石。(卵より一回り大きめ)
この模様がファントムであることを示す明確なジグザグ模様がくっきり。
これを単に縞模様と呼んでしまうのは、惜しい!

やっぱりシェブロン?
インドにもブラジルにもくっきり白&紫のファントムアメジストがあるので、「この石だけの」という特別感に欠けるかな……。

そう、各地にシェブロンと呼ばれるアメジストは出るけれど、私はマダガスカルのこの石が好き。
紫と白、そして黒が入る、この面白さ。

くっきり黒が入るのもいいし、淡い色合いで黒の部分が薄くなり、どこか緑のニュアンスを漂わせる繊細な色合いもいい。
そんなこんなで濃いのを淡いのを……と交互にいろんな色合いを買ってしまいます。

でも、この石の一番特徴は、紫&白のシェブロンにはない黒の魅力。
「こう感じた、だからアゼツライトだ」が通じるんだったら、私は私で勝手に読んでしまおう……ブラック・シェブロン!



Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム