INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ミルキー・リビアン

新宿戦利品ではありません。

libyan-desert-glass.jpg

リビアン・グラスです。

ビーズなどで見かけるリビアン・グラスは、淡黄色で透明(つぶつぶのクリストバライトが入っているのもあります)のものが多いですが、これは白濁タイプ。

私も最初は透明なタイプあるいは透明な中につぶつぶクリストバライト入りが好きでしたが、そこはそれ、「変な石好き」なので、スタンダードからずれたものも面白いと思うようになりました。

淡黄色というよりは緑っぽい色の濃いものなども見つけました。(そういえば、今回の新宿ショーは色が緑っぽくて透明度も高い素敵なリビアングラスがありましたが、さすがのお値段でした)

そういう流れて白濁バージョン。
リビアングラスなど隕石物はミネラルショーがねらい目です。
やはりというか、白濁バージョンは透明バージョンより質が低いとみられるのか、値段もお手頃価格です。

さて。
実際見て、さわってみると、遠目で見ていた時とはやはり感じるものが違います。
パワーが……とかではなくて、白濁というけれど、これは、細かい気泡がたくさん入っていることで白濁しているのだと思われます。
その分、透明タイプより若干軽く、手触りもやわらかいような。

インドシナイトやモルダバイトと違う、滑らかな表面は、砂に磨かれたためかもしれません。
モンゴル産の、砂漠で採れたと言われるカルセドニーの滑らかさと通じるものがあります。

見て、さわって、確かめる。
そういう楽しみ方もあります。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム