INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ナチュラル紅

意味もなくふんぞり返って断言してしまおう。

natural-carnrlian.jpg

カーネリアンは、赤だ。

ビーズでは「カーネリアンはオレンジ」と言われたり、赤~オレンジ、薄オレンジ、クリーム色まで色とりどりで一連にされて売られ、それをばら売りしたがために、お世辞にも赤くないクリーム色のカルセドニーが「カーネリアン」の名前で売られていたりするけれど、本来、カーネリアンは豊かに深い赤だ。

とはいえ、天然で芯まで一様に赤いカーネリアンは意外に少ないらしくて、ビーズになっている赤いカルセドニーが、天然あるいは加熱のみで赤いのか、染められて赤いのか、見ただけではなかなかわからないけれど。
※一連全部が一様に赤くて色むらなし(かつ、どんなに高くない値段)だったら、染めかなあ……と推理。

しかるに、今回のこの石は、タンブル。
しかも機械で磨いたのではなくて、川流れか何かの自然の礫。
一緒に売られていた石は、大小さまざまで、もっと色の薄いのも、黒っぽいのもいろいろ。
そういう石をわざわざ加熱したり染めたりしない……しているなら、加工して効果のありそうなものを選択して加工するだろうから、磨いたりする加工前とはいえ、ある程度色の揃ったものがまとまって売られているはずだと思うので、これはおそらく天然の赤。

マダガスカルのカーネリアンはすでに持っていますが、大きくて色がきれいに見えなかったり、カーネリアンというには茶色くてむしろサードと言った方がよさそうなものでした。

しかし、今回の石はタンブルサイズでほどほどに光を通すので(裏返すと、内側は色がやや浅いようにも見えます)、ご覧の通り、とても美しい赤。

自然に磨かれたまろやかな形も、色を引き立てているようです。

せっかくの赤なので、ワックスコードで周りを編み込んでペンダントにしようか……せっかくの色・形をワックスコードで縁取るのはもったいない。
穴があけられたらこのままの形でぶら下げようか……穴をあけるのが惜しい。
そんなこんなで、多分このまま持つことになるような気がしてきました。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム