INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

山を喰らう

ルーマニア産をもう一つ!……と思ったら産地が違いました。

madan.jpg

ブルガリア産です。

おっかしーなー、買った店はブルガリア鉱物専門店(@新宿ショー)だし、もらったラベルで「やっぱり産地はマダンかー」と納得していたのに……。
どうやらこの石、ルーマニア産に似ています。
ルーマニア産は、もっと太い……アーティーチョークとか砲弾型と言われる形のものがありますが、こっちはそれに比べるとやや細く、しかし、柱面が小さな結晶が集まったような形状になっているところと、金属鉱物が絡んでいるところが似ています。

ふつう、ブルガリア産といったら、方鉛鉱や閃亜鉛鉱の上に細くて短い水晶がチクチク生えそろっているイメージなので、比べるとルーマニア産に似てる。

だけどブルガリア産。間違えてはいけない。

この石に絡んでいるのは、黄銅鉱(チャルコパイライト)
半透明白でマットな質感の水晶にところどころ黒く、ところどころ黄色っぽい金属光沢に輝くチャルコパイライトくっついているようすは、荒々しくも美しく見えます。

madan2.jpg

内部にも食い込んでいるのか、石の根元の方は内部に黒い影が見え、同じ大きさの水晶クラスターと比べるとずっしりとした重さ。
普通の水晶の重さを予想して持つと、その重さに驚きます。

madan4.jpg

madan3.jpg


Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム