INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

小さくて巨大な虫歯

昨日の石も「一体いくつあるんだよ」でしたが、今日の石もそんな石。

おなじみ、インドの虫歯アメジストです。
そう、水晶の先端部分でとんがるべき部分が逆にへっこんだ変な奴。

musshiba-mini-big.jpg

小さい石ですが、形の奇妙さは負けません!
奇妙すぎて写真で撮るとわかりにくくなるので、虫歯の縁に当たる部分をオレンジと黄緑でなぞってみました。
一番凹んでいる部分はそれぞれ縁の色より濃い色でなぞっています。縁からその部分まですり鉢のように凹んでいると思ってください。

musshiba-mini-big2.jpg

そう……この小さい石は、二つの「虫歯」がまるで白黒の勾玉を互い違いに組み合わせた「対極図」みたいにくっついているんです。

複雑な虫歯なら、この石がありますが、これは規定なアメジストで、シャープな「虫歯」。
よく、これは触像……溶けてへこんだんじゃないかと言われますが、この石のシャープな様子は、溶けたようには見えないので、触像説を否定する材料になると思います。

じゃあ何かというと……やっぱり、こういう形で結晶したんだと思うんですよね。
別の鉱物に成長を邪魔されたという説も出てきますが、こんなにも都合よく、水晶がとんがるべき部分を狙って他の鉱物が成長を邪魔できるはずがないです。

この手のアメジストの産地はカルール。
エレスチャルタイプの結晶が出るところでもあるので、一種のエレスチャル……エレスチャルは、色交じり・内包物ありのアメジストのことではなくて、もちろん、骸晶と言われる結晶の仕方をした水晶のこと。
骸晶というのは、水晶の材料がたっぷりの熱水の中で、結晶しやすいところからどんどん成長した結晶のことです。

ふつう、結晶しやすいところというのは水晶だと、面と面の合わせ目のエッジの部分。
そのために骸晶の結晶は、角の部分が結晶して面の真ん中あたりが窪んだ感じになります。


だから、この虫歯にはならないはずなんですが、ここの水晶がつくつくタイプ(ウルグアイのアメジストのように柱面が発達しない、水面だけが群れた感じの形)であることなどが影響しているんじゃないかと想像します。

それにしても、こんなに面白い、他ではほとんど見かけない(と思う)形なのに、どうして話題にならないんだろう?

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム