INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ばったり。

いくつあるのかすでに数えちゃいませんが、いいものはいくつあっても良いではないか、よいではないか。

battari15_20140810232054dee.jpg

バッタリ水晶です!
小さい結晶をまとめていただいたのを一つひとつほくほくと写真に撮っています。

ほっそりとした水晶の中に、角閃石があいまいなファントムを作り、それが部分的に緑や淡いオレンジに色づいている、繊細な美しさ。
ああ、和風だなあ~。

同じような内包物のバッタリ水晶はいくつもありますが、でもじっくり見ればひとつひとつ表情が違う。
だから、私にとっては一つ一つが違う石。

このように石を一つ単位で見るので、「こういう種類の石」と十把一絡げにするパワーストーンの意味や効果と相いれないんだと思います。
ローズクォーツはこんな意味……といったって、華やかなピンクもあれば、どこか紫ニュアンスのモーヴが買った色合いもある。透明なのも不透明なのもある。カザフスタン産に至っては結晶形で薔薇色。それをどうしてひとまとめにできるか。
マダガスカルローズとかディープローズとか分けてもまだ足りない。

角閃石水晶も「アンフィボールクォーツ」とかひとまとめにしたら、そっちの方がもったいない個性派ぞろいなのです。

色も、ファントムの形も、呼び名さえも、とらえどころのない「あいまいさ」。
逆に言えば、「これ」と決められていない、自由。

あいまいをあいまいとして楽しむのもいいものです。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム