INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

かつては

某所で、「ネットで安く買ったモルダバイトビーズだけど、本物だろうか?」という質問に、「安かったら偽物かも」という回答が付いているのを見かけて、隔世の感。
その昔、といっても私が石の本格参入してからだから10年は経ってないころ、質問と同じくらいの大きさ(8ミリ)のモルダバイトビーズが1000円未満だったんだよなあ。(当時はそれでも、ビーズ一個でこの値段? 高! とか思っていました。そのビーズは、ルーペで見たら、いつの間にやら「龍川模様」とか呼ばれている水あめをこねたみたいな様子がみえるので、ちゃんとモルダバイトでした)

石は、相場があってないようなものなので、買う場所によって驚くほど値段が違います。
世に出た当初は高かったけどねくずれしたものもあるので、「昔は安かった」ばかりではありませんが、今買うと高い石は、以前の値段が恋しくなります。

今回の石もそんな石。
paraiba.jpg
パライバ・トルマリンです。

パライバと聞いて思いうかべる、ネオン・ブルーではありませんが、青い部分もあるし、紫色っぽい部分も、あ、銅の色……と思える、独特の色合い。
たしかこれも1000円未満。

当時は、パライバなんて知らなくて、
「これは銅で青くなってる、珍しいトルマリンだよー」(パライバトルマリンは、含銅リチア電気石)
というお店の人の説明に惹かれてった記憶があります。
いや、今思えば買っておいてよかった。
2センチくらいの小さい石だけど、透明度のある青い部分があって、1000円以下は、今はちょっと無理なんじゃないか。

今は「こんな石が出たんだって!」という情報を得て探したり、先に現物を見かけても「この産地でこれなら、あり得る」「他では見かけないな」などと自分の中で情報を突き合わせて判断してしまう、頭でっかちなことが多いんですが、石好き初心者のころ、わけもわからず買った中に、
「買ってよかった、でかした、当時の自分!」
……という石が多いのも確か。(ってことは、あんまり知識は役に立ってないのか?)

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム