INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

水晶模様

水晶(原石)では、錐面に現れる模様に名前や意味が付けられていることがあります。
たとえば、凸状の三角形なら「レコードキーパー」
record-keeper_20140901202927f49.jpg

凹状の逆三角形だと「トライゴーニック」
et-70_20140901202929e3b.jpg

このあたりが有名ですが、そこはそれ、何でもありの水晶のこと、このような名前に収まらない「その他」も多いのです。

今日の石はそんな石。

surface4.jpg

えーと、多角形?

レコードキーパーは水晶が成長していくときに現れることがある模様。トライゴーニックは逆に水晶が少し解けた時に洗われる模様です。
どんな水晶でも必ず現れるわけではありませんが、水晶だったら現れてもおかしくないもの。
ざっくり言うと水晶自体の性質からくる模様です。

それ以外に、水晶にほかの鉱物がくっついていて、水晶が溶けた時に、くっついていた部分だけ溶けなくて、その後その鉱物がなくなって、くっついていた痕がもようになったものや、逆にほかの鉱物が表面にくっついた後、水晶が成長を続け、くっついていた部分だけ成長できずに、そこが凹んで模様になったものなどがあります。

さて、今回のはなんだろう?
お店の人は、中には三角形ではないトライボーニックもあって、これがそうだといっていましたが、失礼ながら、ちょっと納得できません。

多角形以外の部分にも細かなへこみがあって、それを見ると溶けているっぽいけれど、多角形の部分自体のエッジはシャープ。
つまり多角形は溶けてできた模様というより、他の鉱物に覆われていた痕っぽい……けれど、模様の底部は平らではありません。
たいてい水晶に何かの鉱物がくっついていた痕は底部が平らなことが多いんですが……。
それに、鉱物がくっついた痕だったら、ある程度規則性のある形なのに、これは多角形でも結構ばらばら。

トライゴーニックも、浅いものは模様の縁が鮮明ですが、こんな風に斜めに削ったようにはならないように思うし、浅いトライゴーニックは内部が平ら。多重になっているのも層状というか平らな部分が重なっているようになっていることが多いです。

そのどれとも違う様子のこれは何だろう?




Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム