INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

水晶か、カルセドニーか。(再録)

再録です。



ハンガリー産のアメジスト……として売られている石です。

歯切れが悪いのは、この小さい小さい結晶のあつまりが、いったい水晶なのか、カルセドニーなのか、疑問だから。

軽くおさらいすると、カルセドニーも水晶も、成分や結晶系が同じです。
違うのは、カルセドニーは目に見えないくらいの小さな結晶の集まり(潜晶質)で、水晶は目に見えるくらい大きい結晶(顕晶質)だということ。

いちおう、この石も結晶の形がちくちく見えているんですが、同じくらいのちくちくでインド産の色のないものだと、カルセドニーと呼ばれていたりします。時にはもっと結晶の形がはっきり大きなものまでカルセドニー扱いです。

とりあえず……アメジストとして売られているし、小さいとはいえ、結晶の形も見えてるし、水晶……?
と思っていたんですが、このたび考え方を変えました。

これ、カルセドニー扱いの方がいいかも。

この石を再び写真に撮っていたら、こんなふうに写りました。

hun.jpg

ホワイトバランスを取って写し、そのあとは色はいじっていません。

なんだか、紫と、より赤(ピンク)っぽい紫に写っているような……この色合い、覚えがあるぞ?

hun2.jpg

インドネシアの、パープル・カルセドニーです。
これは染めではなくて、天然の色。発色のメカニズムはアメジストと同じらしく、アメジストのカルセドニーバージョンということです。

これも、普通に見ると紫……藤色なんですが、光に透かしたりすると、ピンク紫に見えるところが出てきます。

これを何というのかわかりませんが、石の厚みなどによって、夕日が赤く見えるのと同じようなことがおきている……それは石がミクロのつぶつぶ構造であることに起因しているんじゃないかと思うのです。

同じような色合いの変化が、ハンガリーの「アメジスト」におこっているなら、この石は実はミクロ結晶の集まったつぶつぶ構造なのではあるまいか。
小さい結晶の集まったアメジストはほかにもありますが、このようにはくだくしていたり、色合いが変わって見えるものは覚えがありません。






Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム