INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

かごめかごめ(IMAGE戦利品)

IMAGE2014の戦利品です。

kagome.jpg

スカルドゥのルチル「付」水晶!……あ、微妙に中に入ってるところもあります。

写真では見にくいかもしれませんが、水晶のあちこちに、光の具合によっては金色にも見えるルチルが貼り付いてます。
ルチルらしい籠目とルチルの光沢が相まって、精緻な模様を刻んだ金属板で装飾されているよう!

これだけでも飛びつくには十分な魅力ですが、うれしい点がもうひとつ。
こちらの石の仲間石だ!


リンク先の石は、この石と同じようにルチルがくっついていて……ただし色は赤。
買ったとき、アフガニスタン・パキスタンの石の店だったけど、なぜか一部中国産としか思えない石が入荷していた時期で、「ほんとにパキスタン?」と疑問符をつけていたのです。

しかし、今回の石はパキスタン。産地もスカルドゥとはっきり聞きました。
やっぱりここで籠目ルチル付が出るんだ!

しかも今回はルチルの面積大。

kagome-2.jpg

籠目のように絡み合う様子は、いかにもルチル。

kagome-3.jpg

ルチルの板を貼り付けたよう。

kagome-4.jpg

ところによってはルチルの層が二重になっているところも。

これは水晶表面でルチルがこのように成長したというより、水晶より先にルチルが板状に成長していて、それを巻き込む……あるいはルチルに邪魔されつつ水晶が成長し、後に水晶でくっついた以外のルチルが無くなってしまったのだと思われます。

だけど、どうしてルチルはこんな籠目上に絡まりあって、板のように成長したんだろうか。
水晶なしの状態があれば見てみたいところです。




Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム