INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スカルドゥ・グリーン

arond-green.jpg

ふんわりグリーンが何とも美しい……ので、実はすでに持っています。


今回の石も、同じ店で買っているし、どうも同じ産地の石っぽい。

この色合いは、コロンビアのドリームクォーツ……エピドートが絡むふんわりグリーンに似ているので、さてはこれもそうかと思っていたら、案の定……エピドートがらみでした。

では、パキスタンとアフガニスタンの国境沿いのスライマン山脈産? と思って聞いてみると、産地はスカルドゥ。
ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈にはさまれた……パキスタン北部です。

ええっ、スカルドゥ!?
そういえば、パキスタン北部のグリーンも持ってた。

 


これらも、実はエピドートがらみの色なのか……?
いやいや。
今回ラインナップしたグリーンは、よーく見るとファントムになっていて、先端も死空へ結晶表面に近いあたりがグリーン。根元や内部は透明に近くなります。
います。一方エピドートが絡むグリーンは、根元の方からふんわりにじむような……煙が漂うような色づき。先端より根本が色づきます。
だから、ちがう。

不思議なのは、こんなにきれいなグリーンなのに、あんまり話題に上らないこと。
パキスタン石でも、ザギ水晶などはあちこちでカルマがどうとかいう説明とともに売られて人気なのに、この繊細なグリーンには名前や説明がついているようすはありません。

考えてみるに、話題に上るには産出量が足りないのかも。
ザギ水晶はレアとか言われていますが、実は結構見かけるようになりました。
ある程度たくさん出てないと、話題に上らない……というかある程度の人にいきわたらないと、名前や説明を付ける演出を行う手間をかけられないのかもしれません。

私としては、こんなにきれいなんだから、話題になってもいいのにな……と思う反面、このままマイナーな石でいて欲しい(主にお値段的に……今でも高いので)という気持ちもあります。

arond-green2.jpg




Comment

Secret

No title

パキスタン産の緑簾石関連の水晶、私もいくつか所有しているのですがいかんせん情報量が少なく、検索を重ねていたら行き着き、お邪魔しました。
本題ですが、産地の「Slardu」の点が恐らく「Skardu」ではないかと気になりコメントさせて頂きました。
これからも素敵なお写真やKUROさん独自の考察をばしばし展開していって下さい!楽しみにしております。
それでは、突然のコメント失礼いたしました。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム