INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

行列つぶつぶ

tubutubu4.jpg

インドのつぶつぶカルセドニー再び!

以前登場したこちらは、同じようにデリケートな粒つぶカルセドニーだけれど、やや大きさにばらつきがあるつぶがランダムに積み重なった感じ。

対して今回の石は、大きさのそろった粒つぶが縦一列に積み重なった感じ。
積み重なり具合もちょっと異なり、丸いというよりは重なる部分が多くてひしゃげて見える。

前にも言ったけど、いったいどうやってこんな形ができたのか。
まさか母岩から一粒一粒湧き出てきて、そのためにこんなに一列に連なったようになっている……とか、熱水の真ん中あたりで漂う砂粒みたいなものを核にカルセドニーが結晶し、ある程度の大きさになると重さで下に沈んできてつぶつぶがくっついたとか、そんなことは……ないだろうなあ。

tubutubu5.jpg

今回の石は、上から見ると、お椀のように窪んでいる。
これも、どうやってこんな形になったのか、よくわからない。

これはもう、よく見る縞模様アゲート(アゲートはカルセドニーの一種……模様のきれいなカルセドニーという位置づけ)とは、でき方が異なるとしか思えない。
微細な石英が沈殿してできたというより、熱水の中でまずどろどろゼリーとか寒天状になり、それがもこもこ固まって、それから微細な石英結晶の集まりになっていった……とか。

おなじみ石も、一つ一つ見ていくと、とても不思議で美しい。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム