INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

水晶ガード

stibnite-romania.jpg

スティーブナイト入り水晶、ルーマニア産です。
いただきものです。
ありがとうございます!

小さな水晶ですが、透明な中に浮かぶスティーブナイトが浮かぶように内包されています。

ビーズではスティーブナイト入り……と書かれていながら石墨入りのものをときどき見かけますが、これはちゃんと金属光沢が見える、スティーブナイト。
金属鉱物入り♪

スティーブナイト(輝安鉱)はそのままでは表面が酸化して、せっかくの金属光沢が薄れてしまうのですが、これは水晶によってがっちりガードされているので、その心配がありません。

検索してみたら、クラスターもあるようですが、さすがのお値段……。ルーマニア以外ではネバダ州でも出ているようです。
クラスタータイプを見ると、水晶の結晶の長短にかかわらず、だいたい同じ位置に内包されているようなので、いったいどういう状況で内包されたのかをしみじみ考えたくなります。

水晶は熱水の中で結晶しますが、熱水と言っても熱いだけのさらさらのお湯とは限りません。
以前、長さに関係なく一定のラインまで緑泥が内包されている水晶について、地中の熱水の中が緑泥混じりのどろどろのかきたま汁とさらさらの湯の2層になっていて、そこに水晶が結晶したのではないかと考えたことがあります。

もしかしてスティーブナイト入り水晶も同じことがいえるのではないか。

以下は想像ですが……。

souzou.jpg

地下の熱水がその含まれる成分の沈澱(?)などによって濃い、薄いの2層に何となくわかれていて……

souzou2.jpg

ちょうどその中間あたりに針状のスティーブナイトが浮かぶように結晶したとしたら。
(そんなことが可能かどうかわかりませんが)

souzou3.jpg

スティーブナイトの層を貫くように……スティーブナイトを取り込みながら水晶が結晶し、

souzou4.jpg

その後、水晶に取り込まれなかったスティーブナイトが無くなってしまう……

こういう出来事があったとすると、水晶の長短に関係なくだいたい同じ位置にスティーブナイトが内包されている理由が説明できるような気がするのですが、どうでしょう?

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム