INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

池袋(ちり積も)戦利品 

cal-on-apop.jpg

やっぱりちり積もってしまったインド産。
ふつう、石屋めぐりをしていると(最近はイベントが増えてきて、店を回る機会が減ったけど)、ブラジルや中国やアフガニスタン・パキスタンと比べてインド産の……特にアポフィライトとか沸石に出会う機会は少なめ。
あってもそんなに種類が多くなくて、やっぱりミネラルショーでインド屋(インドの人が出店してるブース)で買った方が嬉しいのです。

なので、ミネラルショーではついついプチプライスのものをちり積も。
大きさもかわいく、形も面白く、写真を撮るのもはかどるので、登場するのも早くなります。

大物はじっくりとカメラで挑み中。

今回のちり積もは、アポフィライト・オン・カルサイト。

ほんのり黄色……というよりクリーム色のカルサイトの上に、淡いグリーンのアポフィライトが載っています。
肉眼では、もうちょっとアポフィライトはグリーンだし、全体的にふんわり可愛いパステルカラーなんですが、写真に撮るとなると、パステルすぎてきれいに写りません。

「実物はもっとかわいい」と脳内補正でご覧下さい。

さて、アポフィライトとカルサイト……この組み合わせは別に珍しくないけど、こんな具合にグリーンのアポフィライトがカルサイトの上にぽつぽつくっついているのは、「そういえば見かけない?」と思う程度には少ないような気がします。
カルサイトをアポフィライトが覆っているのはあるけど、それはアポフィライトがもっと小粒で透明タイプ。

この石は、アポフィライトの粒が大豆サイズで、淡いグリーンなところがポイントです。

これ、500円コーナーにあったのを買おうとしたら、お店のスタッフがなぜかお店のオーナーにお伺いをたて、
「すみません、これ800円です。ときどきお客さんが間違っておいてしまうんですよ」
※石には値段や目印は貼られていない
え~? じゃあいいです、といったんはもどしました。

それから何時間後か。
会場内を回遊して何度目かにこの店に戻ってくると、なんとこの石、またもや500円コーナーにいるじゃないですか。
さっきとは違うスタッフの方に「これをください」とお願いすると、すんなり500円。

……そんなこともあります。
cal-on-apop2.jpg

うーん、今、傍らに実物を置いて書いているんですが、写真の色がかわいくない。
そのうち撮りなおしてみよう。


Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム