INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ワイルド・アクチノ!(再録)

前回は黒背景で撮った石を、今度は白背景で。

wild-actino.jpg

ブラジル産の(たぶん)アクチノライト入り/付水晶です。
前回登場時は「エピドート」にしていました。
ブログに載せてから「アクチノライトでは?」とのメッセージをいただき、よくよく眺めてみると結晶の断面がひし形っぽい。
エピドートだったら長方形だと思うので、これはアクチノライト……?

しかし「アクチノライト、水晶」で検索すると、間違いも甚だしい「グリーンルチル(緑ルチル)」の名前で見かける細い針状アクチノライト入り水晶ばかりがヒットしてきます。
「Actinolite、Quartz」と英語で検索してもだいたい同じ。

こういう、「ごん太」なアクチノライトがぶっ刺さった水晶がヒットしてこないのは、あまりないものなのか、見た目があんまりよろしくないので、売られてないからなのか。
思い起こせば、アフガニスタン・パキスタンもので、水晶……というか、塊状の石英にアクチノライトが刺さった(あるいは「生えた」)感じのを見たことがあるので、太いアクチノライトと水晶が一緒になることはありえないということはないはずですが、「ああ、これと似ているからなるほどアクチノライトか」とすっきりしないのも確かなのです。

今回白背景で撮ったことで、内部に入り込んだアクチノライト(たぶん)がさらに綺麗に見えるようになりました。
だけど、その分、外にくっついている結晶の形がわかりにくく。

前回、「精進します」と言いましたが、まだまだ道半ばです。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム