INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

この青。

去年あたりから、デュモルチェライトの針状結晶入り水晶が出回ってます。

それとは別に、もっと以前からデュモルチェライト入り水晶と言われる石があるのも聞いていました。
……と言っても自結晶の水晶の中に入っているのではなく、石英またはクォーツァイトの中に交じっているもののようでした。

かと思うとよく似た見かけの青いタンブルが「染め」表示だったり。

そんな中で思い出したのがこの石。

blue_20150802224059e23.jpg

若干灰色がかった石英もしくはクォーツァイトを花の形に削ったビースです。

かなり前、浅草橋のビーズショップの外のテーブルに、練りのターコイズとかチェリークォーツなどと一緒に売られていて、確か練りのターコイズのルースと一緒に買ったのでした。
たぶんその時の気分は「染めの見本にひとつ」。

でも今見てみると、これは染めじゃない。

blue-2.jpg

クラックが染料で染まっているのではなくて、青い鉱物が内包されているようです。
いったいこれは何だろう?

これもデュモルチェライトとか?

ビーズなので産地も不明。
ビーズはこういう時にかなり不利。



Comment

Secret

デュモルティエライトっぽい気がしますね。
オイラも最初にビーズを買いましたが、色合いはそっくりです。
その後ブラジル産のちっちゃい原石見つけて買いましたけど、高くなってましたね。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム